沖磯の洗礼

まず、今回は写真はありません。
そして、釣果もありません・・・。それでも見てくれる方は有難うございます。

2月2日 予定していた朝まずめは仕事の都合により出来ず。午前10時頃に家を出発した。沖磯初釣行ということもあり、準備にとまどい、また足りない物を買足しながらの南紀入りとなったのだ。
なんだかんだで熊野入りしたのは午後三時を過ぎた頃。
雨あがりということもあり、小河川の河口に入ってみる事にした。
夕まずめ一本勝負である。

結果としては何もなかった。分かりやすい沖への流れを粘ってみたが全く何も起きなかった。
急いで南紀へ向かう。
南紀到着にかなり時間がかかった。あたりはもう真っ暗である。この日初めての食事をとりながらゆっくりする。

移動中、携帯にメール。
今回の沖磯の最終決断がくだされた。
日ごろ色々と釣りの事でご相談にのって下さってるT氏からのメールであった。今回の沖磯釣行はT氏とその友人のY氏の釣行にご一緒させて頂くというもの。初心者の自分の参加をありがたくも快諾して下さったのである。
渡礁先は・・・・
南紀の超一級磯であった!
メールを見て、予想はしていたのだが、あらためて緊張したのだった。

のんびりと夜はアオリをなんて思っていたのだが、これはのんびりしていられなくなった。気力、体力とも温存しておかなければと。
そして早めの車中泊をする事に。
お二人の到着時間は予想より早かった。アラームで目覚めた頃、もうすでに南紀入りされていた。

コンビニで買出し、いざ渡船屋さんの駐車場を目指す。
到着するとすでに一台の1ボックスが。
出船時間までにはまだ3時間強ある。さっそくの仮眠をとろうとするが・・・
期待と不安(大)の為、まったく寝ることは出来なかった。
その間もぞくぞくと駐車場には車が入ってくる。
見るからに磯釣りマニアの方々と分かる仕様の車である。
寒グレのシーズンであるから当然ではあるのだが(笑)

いよいよ乗船前、さっそく昨日買っておいた酔い止めを飲む。
夜中じゅう、風はゴウゴウと音をたて海はやかましく荒れていた。
いざ乗船! おっと!と思うほど、静かな船着場であるにもかかわらず船は揺れていた。
やがて釣人をしっかり乗せた船はスルスルと動きだした。

ザッパーン!! まともに波を受け、水しぶきが顔に当たってくる。
なんという揺れだ!! まともに立ってられやしない。必死に船にあるロープを握りしめ、数々の磯に順番にお客を降ろして行くのを待つ。
おいおい、本当にこんな状況で磯に乗るのか!?
そんな状況であった。船長の声がモニターから聞こえてくる。
もうすでに、しっかり聞けるほどの余裕はない。
T氏の話だと、次に行くのは我々が立ちたい磯であるとの事であった。

次の瞬間、我が目をうたがった。我々はこんな小さくて低い場所に乗ろうというのか!! 目には今にも水没してしまいそうな岩が見えている。
本当に乗るのか・・・正直そう思った。
必ずここに乗ると思われていた、船の先端で待機する方々はいっこうに動こうとしない・・・。
どうやら我々しか乗らない感じであった。

もう一気に磯によじ登った。躊躇などしていられなかった。
急いでポジションに向かい荷物をおろす。
いったい、なんていう凄い風であろう!! 風、波・・・
もうひたすら中腰でふんばっているだけで限界であった。
T氏がピトンを打ち、万が一の為にロープを張って行く。
もう、すさまじい風と波にただただ立っているのが精一杯である。
風速何メートルとか、波高何メートルとか、そういう数値的な事ではない。
本当に、ともすれば風でよろけ転んでしまいそうである。
そして時折大きい波が来て、足もとをあらい、打ちつけた波を頭からかぶる状況なのである。

両氏は朝イチはヒラ狙い。するするとタックルを準備され始めておられる。自分は・・・まだ立っているのが精一杯、もう必死でロッド、リールを出し、やっとの思いでルアーを結んだ。
とてもじゃないが、自分の力量ではヒラ狙いでピンスポットに打てる状況ではない為、一番強いタックルに18センチの重量級のペンシルベイトを選んだ。 

まずは風下に向けフルキャストする。軽く100メーターは飛んで行く!
それほどに風が強いのである。
しかし少しでもズレると、ラインが一気に風にとられ大きく膨らんでしまうのだ。リトリーブするととんでもないスピードでルアーが海面を滑って行く。
そしてトラブル発生。何度キャストしても必ずラインがグシャグシャのダンゴになってしまうのだ。
何故か考える余裕は全く無い。頭から波を浴び、突風にふらつきながら必死でラインをほどいて行く。
トップで粘りたかったのだが、仕方なく120グラムほどのジグに交換する。とにかく、しっかりとテンションをかけながら飛ばしたかったし、巻きあげてきたかった。

しかし、ジグをもってすら状況は変わらなかった。どうしてもラインが毎回ダンゴ状に絡んでしまうのだ。こんな事は初めてだった。
いつもの自分ならば、きっとすぐさまイラっとしてやめていただろう。
しかし、その時はもう無我夢中でダンゴをほどき、キャストしてはまたほどくといいった事を繰り返していた・・・。
飛ばないのは分かっている、もう仕方なく風上に向かってフルスイングするしか方法は無くなっていた。

重量級ジグをもってすら、飛距離は40メーター程しか出ていない。
おまけに潮が速く、着底より先に手前にジグが流されてしまう。
少しでも風でラインがふくらめば、まったくジグが沈下しない状況であった。それでも続け何とかシャクリ上げる。
そんな釣りを続けていると、目に見えて分かる位の高い波が少し沖に見てとれた。
ヤバい・・・・。
構えるやいなや、その波はあっと言う間に近づき磯の先端に打ちつけた。ッドッバーンっと凄まじい勢いで砕ける波!
一気に自分めがけて大量の水の塊がすっ飛んで来た!!
ドフォーっと全身を包み込む様に波をかぶる。構えていた為、何とか耐えることが出来たのだが、知らずに食らっていたら絶対に落水していただろう。
ネックウォーマーは一気にネッククーラーに早変わり!!
首を伝って背中に恐ろしいほど冷たい水が流れていく。
もはや濡れていない場所は無い。
そこに絶え間なく吹き付ける強風。足や両手の指先からジンジンと痛みだし、あまりの冷たさに感覚が無くなって行った・・・。

これでまだ満潮には遠い・・・風はどんどんと強くなっている。
もし、これ以上の風が吹き、そして何回かに一回の大波が来たなら・・・
全員が流される姿が脳裏をよぎった。
恐怖を通りこし、それは確信へとなって行く。
いわゆる覚悟を決めるというヤツである。
落水を覚悟した瞬間であった。

さすがに平気ではないが先輩達は釣りをされていた。
一人、餌師も何とか釣りをされている。良型のグレ、イサキを釣ってみえた。自分はただただ凍える体でキャストを繰り返していた。
まだ心は折れてはいなかった。しかし・・・

荒れた海を船が近づいてくる。
そう、お弁当を届けに来てくれたのだった。
Y氏がさっそうと波をかぶりながらお弁当を取りにいって下さる。
なんと!!Y氏はこの凄まじい状況の中、立ってお弁当を食べているではないか!!
凄い・・・きっとこの方は地球滅亡のその瞬間でも強く生きているに違いない。ちょっとそれを見て元気になった。

しかし、おそらく船長もこの状況に不安を感じたのだろう。
お弁当を渡しいったん安全な沖に出るも、しばらくそこで待機してみえる。
それを見て心が折れて来た。もう限界かもしれない・・・・
そこにT氏から磯変わりするか!?っとのお言葉。
おそらく彼らはまだやれる・・・しかし自分は・・・。
つらい決断ではあったが、そのお言葉に甘える事を選んだ。
もう限界を少し超えていたのである。

船にやっとの事でよじ上り、椅子に腰かけたところで安堵してきた。
船長、ヒラスズキ釣りに行くかーっ ヒラしかおらんでーって。
しばらくすると、さっきより全然穏やかな場所に移動していた。
岸近くの一見、地磯の様な場所であった。
岩山が風をさえぎり、一気にのんびりとした状況となった。
磯に降り立ち、溜息が洩れる・・・。
やっと生きたココチが戻ってきたのだった。
ずぶ濡れの服を脱ぎすて、予備のカッパを着こむ。
確かにシャローではあるが、ヒラが出そうなサラシがたえず出ている場所であった。
荒れたサラシさえ、さっきと比べたら和やかに感じた。
今まで自分達がいた磯を遠くに見る。
磯、いな岩は白波の中にあった・・・。

ここでしばしのんびりと日光浴し様々な釣りをするも、何も変化無い時間だけが過ぎて行った。
ただピクニックの様に時間を過ごすか、いっそ陸にあがり地磯でチャレンジしてみるか・・・・
答えは一つであった。
さっそく荷物をまとめ船長にコール、急いで陸に上がる。
車を走らせ慣れた磯に向かう。

しかし・・・ここでも強風は吹き荒れている。
何とかやれる事を試したのだが、まったく魚の気配すら感じなかった。
沖磯で使用したルアーを投げてみる。
慣れた場所でどうアクションするか試してみたかったのだ。
このルアー、すこし水にまとわせ、一気にリトリーブしてやると凄まじく荒っぽく暴れてくれる。
その姿・・・自分でもすこぶる逃げ惑う巨大ベイトに見えたのだった。
そう思ったのは自分だけではない。
いつの間にかカモメがルアーをロックオンしていた。
急降下して様子をうかがっている。

再度、激しいリトリーブを入れポーズさせると・・・・
カモメはまず口を使い、今度は足を使った!
しっかりと両足で握ろうとしている。
今度は空中で静止しながら口を使い、何とかくわえようとしているではないか!
正直、鳥をごまかしたのは初めてである。
反射喰いではなく、しっかりと見て喰わせているのだった。
勿論、フッキングは絶対にいれません(笑)
何度も一生懸命にバイトしている鳥が可愛く見え、自然と笑いがこみ上げてきたのだった。

今回、本当に沢山学ぶ事ばかりであった。
また、苦渋の決断もあった・・・
しかし、結局は生きてこその釣りであるはず。
事故を起こしては絶対にならないのである。
もっと修行しなければいけない。
いつかここで再び釣ると心に誓うのであった。
今回、貴重な体験をさせて頂いた両氏に心から感謝しています。

開拓

27日午前三時。だらだらした準備が終了し我が、「南紀特急」を暖気させる。ここ数日、イロイロあって精神的に疲れている。
そんな時こそ海に行くのが一番!っと寝ずに出発だ。
途中、矢野川での気温はマイナス5度。凍結が心配でまったり走らせる。

ポイント付近には午前5時半頃に到着。
朝イチは以前より気になっていたサーフを開拓してみる事とした。
夜明け前から探っていく。風も波も無く、釣りはしやすいが気配が無い。
かなり浅いのでウェーディングしながらどんどん歩いて行く。
気がつけば相当な距離を探ってしまった。
まったく反応無く心折れて引き返す。
しかし、なかなか車までが遠い。無心に歩き続けやっと到着。
後で移動距離を計ってみると・・・2キロ。往復で4キロ!
朝から元気なオッサンである。

疲れも取れぬまま、今度は急いで磯を目指す。
今回、磯では二つやりたい事があった。
まず、定例の青物のパトロール。
これは、あえて朝マズメを外してみたかった。
もう一つは・・・アオリである。

夏の親イカ爆釣の後、昨年は何とキロを釣っていないのだ。
アオリ以外に忙しかったんです!
それで、本格的な春シーズン前にどーしても親イカに出会いたくて磯を目指す事にしました。
実はワタシ、本格的な荒磯の回遊系の捕食アオリを狙った事が無い。
だったら!って事で浮気にも2タックル持って磯にダッシュしてみた。

たぶん・・・こんなに平和な磯は初めて。風は微風、波ナシ、すごく優しい磯である。こりゃーエギングやりやすいわっ!と早速歩いて陣地を確保する。
一応、青物タックルもスタンバイさせて置いておく。
荒磯!? 初エギングスタートだ!!
静かでもやはり潮は動いている。
今回、使いなれた3.5号のノーマルウエイトのエギを使用しているが、潮も受けるし、なかなか着底してくれない。
ためしにジグを投げてみる。
細長い100グラム程のジグである。
・・・・・・・これはかなり深いゾ!
予想外のディープにニンマリ。真昼間でも可能性アリ!

しかし、ぬか喜びであった。
まったく反応が無い。まったくこれっぽっちもナイ。
ついてくるのは・・・おびただしい小魚の群れである。
すげぇ・・・ベイトボールが何個あんねんやろ・・・

現場は少し地形が変化した場所。
複雑にからんだ潮がいつも動いているように感じる。
なんかザワザワしてきた。太い流れも目に見えて出てきた。
そろそろ青物にスイッチした方が良いかな・・・
足元のシャクリを入れてる時であった。

バシャ! ガボガボ!! ふいにボイル発生。
ナブラまではいかないが、数匹単位のグループがわかれてベイトをおいつめている。
しかも速い!!
ハマチか!?
姿は見えないが、かなりの活性の高さである。
わずかな時間だが、ミノー、ペンシルと頑張ってみた。しかし喰わない。
静かになってしばらく過ぎた。
表層は反応が無く、ジギングにかえてやってみる。
しばらくして、フルキャスト後の着底をとっていると・・・
まーた目の前で爆発しだした。
しかし、ジグ回収中に静かになってしまった。
何度かトップやミノーを投げたが出る事はなく、いったん食事をするため撤収する事に。


青物はまあ別として、先ほどのポイントはすごく雰囲気が良かった。
しっかりある水深、ほどよくマッタリした潮、そして何より凄まじいベイトの数・・・。 もう確信に似た直観を感じる。
絶対にアオリはやってくる。自分にしては珍しく粘ってみたいと思った。
青物、アオリとも夕マズメに勝負をかけてみる。
やがて日はだんだん傾き始める。冬の海はやはり日が沈むのが速い。
まずは青物を狙いトッププラグを流れに向け連続射撃!
何も出ないまま時間が過ぎて行く・・・。
魚はいたかもしれない。しかし、自分の誘いには出てくれない・・・。

いよいよ日が沈み始めうす暗くなってきた。フカセ師達は皆帰って行き自分一人になってしまった。
さあこれからが勝負である!
ふと気付くと数人のアオリ狙いと思われるアングラー達がやってきた。
そうか、やはり良い場所なのかもと更に集中力を増す。
3~4人が入ったみたいであった。

しかし、状況はあまり好ましくない。
変な風も出始める。しかし何より、潮の動きが複雑で強すぎるのだ。
いくらサミングしながらエギを海底に送り込んでみても、どうにもエギが流され、着底した頃には投げた場所よりはるかナナメの場所に行ってしまう。また、シャクリあげ跳ね上げさせてテンションフォールに入っても、潮と波の影響で引っ張られ、また緩んで、まったくエギが安定しないのである。
難しい事はよく分からないが、こういう時に良い思いをした事は無い。
おそらく、エギが安定しないため抱きづらいのではないか。

立ち位置を変えたかったが隣に別の方が入った為に動けない。また、強制的に安定させる程の重いエギも持っては来てない。
絶対にココだ!という思いがあったので、それでも粘って一瞬のチャンスを待つ事にする。それまでは休憩をしながら、のらりくらりとやってみる。
くんっと何かが触った。一応アワセを入れてみると軽いが乗った様子。

P1000186
たぶん赤いから赤イカでしょうか。まったく抵抗しません。

P1000187
興奮したのか更に赤くなりました。



海況も変化はないのでお遊びに赤イカ!?狙いしてみた。
宙層狙いでチョンチョンやってやると・・・
P1000189
連続で釣れたが・・・バイタリティーが無いのか5分ほどでお亡くなりになってしまわれました。





気をとり直し、再度チャンスを待ってキャストをして行く。
他のアングラーも釣れてはいないみたいだ。
しばらくすると少し雰囲気が変わってきた。
今かもしれない!
渾身の力でフルキャストする。丁寧にエギを海底まで送り込んで行く。
やはり素直に沈んで行く。やっと自分の好きなリズムと歯車が噛みあった。このリズムさえ合えば・・・おそらく出る! 自分の釣りではそんな場合が多いのである。

きっと活性は低いのだろうと思い着底で少しステイさせてやる。
得意のリズムで軽く3回ほど大きめに跳ねあげてみる。
ほんの少し、スラッグを利用したほぼフリーな状態でフォールさせてやる。
抱くとしたら今だろう、良い時の自身のイメージで真っ暗な海を見て思う。
こういう時にはアタリは出にくい。少しだけ竿できいてみると違和感!
瞬時にアワセを叩きこむ!!


ドンっ!!と右手に確かな重量感を感じた。一瞬遅れて奴が動きだす!
ドラグはフルロックしてあったのでロッドが大きく曲がって行く。
ディープで潮に乗ったか、かなりの重さでトルキーなしめ込みだ。
身切れが怖いのですぐにドラグを緩めてやる。ジジジジ・・・深場のボトムでかけた為、そんなに引かない。ただやたら重いのだ。
テンションを抜かない様に注意しながらポンピングで上げてくる。
上がってきてやっとアオリらしい引きをみせてくれた。
なかなか良いサイズの様子。

今日もまたギャフを持ってない(笑) なので磯際まで降りて行く。
暗くてよく見えないが水面に浮いたヤツはボシューっと水を吹き飛ばしていた。ゆっくり寄せながらリーダーを掴む。もう少しだ。
ガブッブシューっと足元に水を吐かれてしまった。ビックリした!
次の波に乗せて、しっかりと首もとを鷲づかみにしてハンドランディング成功!! やっぱ手で獲るのは最高である(笑)

P1000194
背中に傷のあるオス。ぱっと見では1500ぐらいかな。


P1000191
けっこう動きまくるのでなかなか撮影しにくい!
すぐに丸まってしまうのさ。


P1000190
このぶっとい腕に抱かれたい・・・やっぱキロ超えると素敵!!



もたもたと撮影してると一人、また一人と撤収して行き自分一人になってしまった。真っ暗な磯に一人ぽつーん・・・・・
ちょっと怖くなってきた。すこしでもと思いヘッドライトをつけてみる。海は良い感じなんだがどうにも怖い。
その時、ふいに背後に視線を感じ振り返る。
うわあー!! 光る二つの目がこっちを見ていた!
獣である。オッサンが一人磯で声を出してしまったじゃないか。
しかしコイツ、犬の様におっぱらってもビクともしない。ずっと静かに見ているのだ。シャクリながらずっと後ろから見られている・・・・
なんか無茶苦茶怖い!!!
すぐさまダッシュで荷物をまとめたのだった。

40時間ほど寝てなかったので港で爆睡した。南紀寝台特急は狭い。
起きると風で車が揺さぶられている。雨も叩きつけてる。
コリャあかんって事で朝5時、一気に三重に帰る事にした。
途中お気に入りの浜に立ち寄ってみる。
カッパを着こみまだ真っ暗な浜に向かう。
けっこう波が高く、暗闇でも真っ白な波が見える。
何とか釣りは出来そうなので出発前にチューニングしたミノーをフルキャストしてみる。
余談だが、最近付き合いでゴルフ練習場に行った。どうやら自分は80ヤードぐらいミノーを飛ばしているみたいだ。しかし荒れると波打ち際に立てないから実際あまり飛んでない。

徐々に明るくなってきたが雨の為なかなか日が出ない。
丁寧に流れの中を泳がせていると竿先に違和感!
一応アワセるとガシっとかかった! やったね。
ゴンゴンした引きで流れに向かう。引きは収まったが波のせいでなかなか上げれない。ようやくズリ上げたのはコイツ。

P1000199
久々のヒラセイゴです。小さくても楽しませてくれました!


どんどん波がキツクなってくる。まともに下腹に波を受けるとドスっと殴られた感じで痛い。

P1000200
かなり寒い三重の朝である。


P1000206
いよいよ波でラインを持って行かれ、釣りにくくなってきたので撤収する事にしました。
今回も浮気な釣りでしたが色々と修行にはなったかな。
来週は人生初の沖磯に渡る予定です。
はたして何が待っているか楽しみ!!

エギング
Rod  BREADEN LC86widerange/longcast
Reel  DAIWA Emeraldas Colossal 2508RH-W
Line  SUNLINE 0.6号


いつもの釣りのあとは・・・

南紀に釣りにでかける。
釣れても釣れなくても、家に帰らなければいけない。
そんな道中、ここ最近必ず立ち寄るお店がある。
場所がら、ちょうど良い休憩ポイントでもあるし、なにより地元には無いものが展示されている事もあって・・・。

熊野の嶋勇さんに立ち寄ることが多いのだ。

ずっと子供の時の話・・・。家族旅行で熊野の素晴らしい花火を見に来た時もみかけた。
今や大人になって、まさか毎週の様に通うことになるとは思ってもみなかった。それほど、家からは遠い場所かと認識していたのだ。

道路沿いに見かける店舗は小さく見える・・・。
しかし、ひとたび店内に入ると、奥に広くなっている事が分かる。


私が住む地元の大型釣具店には、ところ狭しと有名新型の商品は並んではいる。
しかし、ここ熊野、または南紀にて、実際に使えるルアー達はいくつ手にする事が出来るだろうか!?
現地で釣りきった後、イメージと現地でのギャップで苦しむ事が多かった。
そんな時、嶋勇さんを訪れ、ギャップを少しでも埋めるルアーを買って行く事になったのである。

自分の感想ではあるが、やはり地元で役立つルアーが多く展示されている様に思った。それは人気の釣り雑誌、人気アングラー推奨のルアー達ばかりではない。
そもそも、雑誌にとりあげられているポイント、釣り方とはこの熊野、また南紀の状況にはマッチしないのである。
関東でいくら釣れるルアーでさえ、ここに来れば全然合わない場合も多いのだ。
南紀方面にて、ソルトルアーに造詣が深いショップは数少ない。
そんな状況のなか、タックルやルアーについて安心してサポートしてもらえるショップは更に極少だろう・・・。
だからこそ、私が嶋勇さんを訪れる理由があるのだ。

前回の釣りの帰りもお邪魔させて頂いた。
消耗品をまずカゴにいれ、それから気になるルアーを吟味してゆく。
選ぶ基準・・・その時々の気分で選びはするが、釣行帰りのソレはリアリティーにあふれているかもしれない・・・。

少ないが、今回はコレを購入させて頂きました!

P1000168

定番ではあるが、やはりそのダントツの飛距離、荒れでもシッカリと泳ぎ切る性能で購入。
今までのストックに無い色にも期待が膨らむ。


続いてはコチラ・・・。

P1000170
少し古い様子ではあるが、どうにも釣れそうなので購入しました。
こういう予感って当たる事多いので、良いなって思ったら迷わずに購入してみます。



  • ライブドアブログ