魚探しの連休

2016年 4月26、27日の日記









昼飯時に何気なくスマートフォンを見ていると。
しばらく、開いていないショップの広告が目にとまった。
何か、良い商品が入荷していないかな~♪
そんな、軽い気持ちで開けてみる。





















やべぇ!




驚いて、いったん、閉じてしまった。

気持ちを落ち着かせ、再び、ページを開く。

間違いない・・・。



考える間、約60秒。
すぐさま、電話して店員さんに確認させて頂いた。
そして、即決(笑)
だって、前から欲しかったんだもん。



二日ほどで商品が届いた。
そうなると、試したくて試したくて。
投げに行く事にしました~



























20160426_062832
















あぁ
恰好いい。


いつもの道具と二本立てで朝を過ごす。
自身の手癖では、強めの穂先が色々としやすい。
釣れるかどうかは別として。
出したい、ルアーの動きを演出しやすいのである。

尚、仲間の多くは。
もっと、柔軟な竿を好んで使っている。

私には難しいそのルアーに。
それらのロッドとの組み合わせで、命を吹き込んで行くのだ。

日によって、海も違えば、魚の気持ちも違う。
仲間達のその組み合わせでなければ、ヒットしない日も幾度となくあった。
豪快に見える青物はとても繊細である。
そしてまた、派手に泳ぐそのルアー達も。
実は、僅かの違いで、その動きが引き出されたり、欠けてしまうものだ。
釣り手の数だけ。
釣りが存在するのが面白くも難解である。










磯から上がり、少しの休憩と食事をとった。
久しぶりに、お昼から粘ってみたくなる。
少し車を走らせ、懐かしい磯に下りてみる事にした。


もう、ずいぶんと来てはいなかったけども。
やっぱり、ここはワクワクする。
潮はあまり好きじゃない方向からだが。
よく流れているし、水の色もとても青い。
もしかしたら、粘っていれば、魚の回遊があるかも知れない。
問題はその瞬間、何を結んでいるかだろうか。
大きく、派手なもので遠くから気づいて欲しかったり。
瀬際のベイトパターンで食性でアプローチしたかったりと。
刻々と思いは交錯する。
一本調子で粘るか。
こまめに換えてみるか。
ここでは、いつもそれに悩むし。
回遊のその時、合ってなくて地団駄を踏んだ事も多い。



結局、ほとんど休む間もなく。
四時間位、頑張ってしまった。
一回だけ、派手にトップに出たのだが。
本気で喰いに来ていなかったのだろう。
フックには触れなかった。
やっぱり、ずっと投げている釣りも面白いな。







翌日、久々の場所で、W氏との釣りとなった。
メタルジグが好きな二人であるので。
今日はどんなかなと夜明けが待ち遠しい。
しかし、この日の潮は難しかった。
まったく、気持ちよく、ジャークが出来ないのである。
何というか、竿がきれいに曲がらない。
こんな時は殆ど釣れたためしが無かった。
幾つかのジグを換えてみたのだけど。
うまく、合わせる事は出来なかった。
本当、こんな時、カメラで水中のジグの動きを見てみたいと思う。
滅茶苦茶な動きをしているんだろうなぁ・・・。








魚を手にする事は叶わなかったが。
楽しい二日間だった。



それでは












好きな磯に通ってみる。

2016年 4月20日の日記








連休がとれたので釣りに出かける事にした。
行先は相性の良い、お導きのあの磯である。
















20160420_071146

















色々とやってみたいので、二つのタックルを持って下りたのだけど。
何も反応させる事は出来なかった。
日によって、コロっと変わるこの場所が自身は好きである。




残念ながら、午後から急に仕事が入ってしまった。
大急ぎで帰宅。
W氏との夜のアジ釣りが出来なくて残念だった。

同日の朝、違う地域で釣りをしていた友人がモンスターにやられたとの事。
前日にその磯でのエピソードを二人で話していただけに。
やっぱり、あるんだ・・・っと驚いてしまった。
真摯に向かう彼の釣りに。
自身も情熱がこみ上げて来るのであった。






それでは











心帰る

2016年 4月6日の日記








心労、疲労困憊。
行きたいが、身体がついて来ない。
それでもである。
家にいたら駄目だ。
心理的にも、現実としてもそうだった。


ギリギリまで部屋で悶々と考える。
そうして、決断して南紀特急に飛び乗った。
しかし、疲れが瞼を重く、重く塞ごうとする。
何度か車を停めて、薄着で冷気の中に身を置いた。
そうやって、何度も目を覚まして南紀にたどり着く。
だが、そこまでが限界であった。
少しだけと、シートを倒して目を閉じる。
ハッとして飛び起きたのが、午前5時40分であった。
必死の思いでここまで来て。
朝の磯に立てないのではないか!
向かったのはあの磯。
お願いだ。
先客よ居ないでくれ。







転がる様にして磯を駆けた。
道具をセットし終えた頃にはもう随分と明るくなっている。
自身は未明から、暖機運転をするが様に。
ゆっくりと、ペースを上げていく事が常である。
塩が抜けきらず、固着しかかっているラインが徐々に飛距離を出す。
私の腕や肩も。
だんだんと、温まってくる。
しかし、今、その様な時間はない。




もし、この朝。
魚が回っているならば、どこで狙っているだろうか。
これも、いつもは、わざとそうは思わない所から探って行く。
ただ、何となく。
この朝は今がその時だと思った。




キャストを始めて三投目。
気になるスポットにルアーを入れる。
穏やかにアクションさせて少し。
得も言われぬ気配が浮上した気がして。
チュポンっと小さい波紋の中にルアーが消えた。
体で覚えた間で、バットを激しく煽る。
途端につんざく様な潜行が始まる。
ほんの僅かだけラインをやったが。
右に左にと、暴れまわるヤツにロッドを追従させる事が出来た。
瀬際に来ての更なる抵抗。
なんと、パワフルなのかと驚く。
しかし、力負けは無い。
ずっと、苦楽を共にしてきた道具を信じるのみ。


























20160406_063122

















朝の光にうつる、この色の美しさは形容がしがたい。
出て欲しいところで出て、止めたい時にしっかりと止める事が出来た。
瀬際のパワー感は断トツ。
素晴らしい魚であった。






















20160406_073440




































20160406_073445

















いつもの様に抜き上げたが。
魚はほとんど動かなかった。
きっと、全力で逃れようとしたのだろう。
祈りを唱えながら刃を入れた。

























20160406_075118





























今回ばかりは、嬉しいなんて言葉では言い尽くせない。
正気の自分を見失う様な事になって。
限界まで落ちてしまっていた。
這い上がろうとしたけれど。
どうにも、駄目で。
唯一あるものは、ずっとやって来た釣りしかなかった。
例え無理矢理でも、それを信じるしかなかった。

今もって振り返っても。
この、ヒラマサとの出会いは、それほど大きなものだったと信じて疑わない。
この日を境にして。
自身の中のギヤが変わる。
やっと、第二の故郷の南紀に。
黒潮に。
心が帰ったのだった。




「ワイルド桜」 もまた。
早春の潮風の中に花を咲かせていた。
いつかの日にか。
我が胸中の花も。
満開に咲かせてみせる。





それでは








My Tackles

Rod  MC Works RAGING BULL 100XR-1
Reel  DAIWA SALTIGA Z6500EXP with Z6500DogFight Spool
Line   OCEA EX8 PE #5
Leader NANODAX 150LB



  • ライブドアブログ