3月26日の日記








先日の釣行では、魚の力によってラインブレイクしてしまいました。
切られたのは何年ぶりでしょうか。
悔しいし、とても興奮しますね。
あの、一発目のヤツがどうしても忘れられない!
用事も重なってはいたのですが、マズメだけって自身に言い聞かせて出かける事にしました。
病んでいますね。
正に中毒です。












まず向かったのは少し離れたポイントであった。
先日、先輩のお一人が釣行された際、ナイスサイズのメバルが群れる場所を見つけられたとお聞きしたのだ。
そのお話通り、そこにメバル達はいた。
時折、水面を割ってライズしている。
何を捕食しているか分からなかったが、とりあえずキャストしてみる事にした。
しかしながら、何をどうしてみても反応が得られないのだ。
パターンに全くマッチしていないのだろうか?
そうこうしている内に夜が明けて来る。
名残惜しいものの、本命のアジを目指し車を走らせた。








ポイントに立ってまずは海を眺める。
今はほぼ無風であり、水面はまるで鏡の様である。
暗くてまだよく見えないが、潮もあまり動いている様には見えない。
はたしてどうか!?
一抹の不安を胸にキャストを始めた。





しかしどうした事か、それともやはりと言うべきか・・・。
アジからのサインは全くもって無い。
表層からボトムまで、様々に探ってみるも無反応である。
はたして、私の投げるそれは今日のアジ達の気分ではないのだろうか。
もしくは、そこに居ないだけなのか。
すっかり陽も昇りきった頃、他魚の反応も無い事に気付く。
おかしい・・・。
もしかしたら、皆を脅かすワルい奴がいるのかも。
すぐに別のタックルを用意して投げてみる。

















ドン!
























P1010458

本当に居たのでビックリしてしまいました。
結構な引きに満足です。
やったね!


























DSC_0356

数枚の撮影後、再びアジに戻ると釣れました!
うーん、満更でもなかったのかも
やったね!








更なるヒットを目指して頑張るのだが、後にも先にもこの一匹だけであった。
なかなか思う様にはいかないものである。
ボトムの根周りに狙いを変えると、ポツポツと嬉しい魚達が釣れてくれた。






















P1010460























P1010462






















P1010465






















P1010464









少し仮眠して、午後からも竿を出してみるのだった。
本当は帰らなければならないのだが・・・。
中毒患者には難しい様である。
しかし、ただ時間だけが静かに過ぎて行った。
そこで、もう一度あのメバルを狙ってみる事にする。






















P1010466

何とか喰ってくれました。
一向にヒットしなかったので、ジグヘッドを、0.8グラム、
ワームを三分の一程度の長さにカットしてやっとの事でした。
難しいです





















P1010469

その後、場所を変えてジグヘッドによるアジングをやりました。
数は出ませんでしたが、ヒットしたアジ達はすこぶる元気でした!
25センチは無い位のサイズですが、よく走るし潜るしで驚きました。
やはり、夜の釣りもたまりませんね。






















P1010472

自宅に帰ってパチリッ
約33センチでした。
嬉しぃ









今回の日記は少し簡潔にしました。
もう少しで旅の出発の時間です。
釣りが出来るかは分かりませんが用意だけはしてみました。
行ってきます。

それでは













P1010478




My Tackles


Rod  VARIVAS VLE-77TR-L TipRun
Reel  DAIWA CERTATE 2506 FINESSE CUSTOM  
Line  YGKよつあみ PE #0.4
Leader VARIVAS FLUORO #1.5