4月8日、9日の日記







そろそろ有るかな?
そんな気持ちで、魚探しに出かけてみる事にしました。

























20140408_093830























一番におりた磯は皆無でした。

魚探しとはいえ、絞り込んだポイントで何もないとチョッとへこみます。

磯からあがって、スーパーにて朝食を買いました。
お天気が良いので、芝生の上で食べる事にしました。
春の日差しと爽やかな風がとても気持ち良かったです。




























20140408_104240













散歩をしていると、一本の桜の木が目にとまりました。
時化の暴風雨にさらされ、耐え抜いてきたこの木が満開の花を咲かせています。
そんな 「WILD桜」 に心を打たれてシャッターを切りました。




























20140408_103304























海を見ながら、更に散策していますと懐かしい虫に出会いました。




























20140408_103312























何故かとてもキラキラと全てが輝いてみえました。




















20140408_103442























私の住む町にはおそらくいない種です。
この虫だけではなく、見た事の無い様な虫に出会った事が何度かあります。
地上でさえそうなのですから。
海の中には無限の可能性が秘められている事でしょう。









しばらく眠って身体を休めました。
朝からこの付近の磯に入ってみえた方は反応を見たそうです。
そして、私が寝ている日中に良型を仕留められたとの事。
それを聞いて、少し離れた磯におりる事にしました。

丁度、その頃から海は一変するのでした。
キャスト出来ない程の北西風が吹き荒れたのです。
全く、なすすべもなく敗退となりました。


頭に血が昇った状態だといけませんね。
焦ってしまい、まともな状況判断もままなりません。
時には厳しい環境に真っ向から勝負を挑む。
また、時にはそれをうまくかわし勝負をかける。
そんなバランス感覚が大切なのでしょう。




































20140409_075413













どうしてもこの海域の魚に出会いたい。
そんな思いで二日目の朝を選びました。

潮は当てず、流れずです。
とてもそれを読んで入る力は自身にはありません。
だから、まず、立ってみるしかないのです。

ヒントを見出そうとは努力しますが、なかなか難しいですね。
失敗したって気にしない事。
苦手意識をその磯に感じてしまうと、その後、そこを思い浮かべる事が無くなるからです。
今日の撃沈は明日の爆釣。
海なんて、磯なんて、青物なんて、芯からは誰にも分からないでしょう。
きっと、あなたの好きな磯もそうかと思います。













午後は久々の磯までロングドライブで行きました。
二時間、三時間と、自身の狙いの魚を求め投げ切りました。
この時、信じたのは、大型ペンシルによるアプローチです。
必死になって続けていると、沖のざわめきにナブラが沸き起こりました。
そろそろかな?と思ってはいたのですが・・・。
今のアプローチを転換するタイミングを迷っている時でした。


結果、何とかナブラに入れる事が出来ましたが、そのままのルアーにて反応させる事は叶いませんでした。
急いでこれだと思うルアーに交換するも万事休すです。

厳しい時こそ、直感がその明暗をわけるのかも知れません。
海からのサインに気付かなかったり。
例え気になる事があっても、臨機応変に対応できないのは自身の足りなさです。
全てを自身で決めなくてはならないのですから、ダメな結果も真摯に受け止めるべきでしょう。


























20140409_193027













疲れ切った身体を温めてから帰える事にしました。
自宅への到着は夜中となる事でしょう。




とても難しく、なかなか歯車が噛み合いません。
荒れた状況でもそれなりにやれる様になりたいと思いました。
練習するしかないでしょうね。
頑張ります。






それでは