狙う魚、狙う場所、ハッキリしないまま釣行当日をむかえる。
向かったのは串本。去年の釣り納めでは見事ボウズで終わったのだが、リベンジとして今年も串本からスタートしてみたかった。
とりあえず釈然としないので、同時に色々な魚の狙える磯場に朝一番は入ってみる事にした。ポイント到着は午前5時。

心配していた天候だが、かなり風は強いものの、何とか釣りはできそうである。多少波気はあるものの危険という程ではない。
まだ真っ暗な内からまずは青物を狙いミノーで探って行く。

うっすらと明るくなってきた頃、単発的にだがボイルを確認。数匹程度の小さい群れだが、しきりにベイトを追っている様子だ。
ポッパー、ペンシルと交換しながら丁寧に探ってみるが反応は無い。

ここ数日、ロックショアでの青物の情報はかんばしくない。もちろん釣っている人は釣っているのだが、気配が無かった、回遊が無かった等々厳しい状況の様子である。
私の場合、魚は確認出来るのだが、悲しいかなバイトに持ち込めない日々が続いている。これはこれでキツイ事だ(笑)

粘ってみるが、どうにもウワずった奴を喰わせる事が出来ないのでセカンドタックルに持ちかえてみる。
ココは磯ではあるが、海底は意外なほど砂地であるのでボトム狙いが容易に出来る。まだ釣った事は無いが、磯につく大型のヒラメを狙ってみる事にした。
最近気にいっているテールスピンジグを投入する。そこそこの深さ、潮の流れがあるので重さは35グラムを使用した。
探り始めて数分、待望のアタリがあった!
初めて感じるアタリ方である。竿を通じてくる感触は、なにやらガツガツっと噛みつく様で噛みながら飲み込む様に思えた。

穂先がグウーっと大きく入った頃、今か!と思い切りアワセせてやる。
フッ、スカッ・・・・
何と! スッポ抜けてしまったではないか。すぐさま追い喰いしないかアクションさせるが再度喰う事はなかった。痛恨のミスである。
ねばってみたがバイトはこれ一回のみだった。

今度は青物。表層での反応が無いのでメタルジグにかえてやってみる。
場所や状況にもよるのだが、自分は意外なほど軽めからやってみる事にしている。軽ければより自然な動きを演出できるのではないかと思っている。今回は60グラムから始めた。軽いがアピールを考え大きさはある。
まずは着底させ、早めのワンピッチ、ジャカ巻き、オッサン(笑)の得意のパターンを繰り返して行く。
さっき何か触ったかな!? フォール中に違和感。
一瞬きいてみるが何もない。しばらくしてシャクリ始めるとガツっとシャクリ上げたロッドが途中で止まった!! よーしっっ!!
すぐに追い合わせを入れてやる。ゴゴゴゴっと手元に伝わってくる。
っと次の瞬間、またふっと軽くなりテンションが抜けた。
何とした事だろう。少ないアタリを一度ならず二度もバラシてしまった。
気持ちが折れそうだったが、粘ることさらに1時間。
しかし二度とアタリはなかった。

けっこう粘ったので11時位になってしまった。
明日は仕事の為、三重方面に帰りながらも気になるサーフに入ってみる事にした。
小場所、有名ポイントと何か所か探って行くがアタリはない。
風は強いのだが、どこもまったくのベタ凪。まるで湖で釣っている様である。魚の居場所を特定できないので、とりあえず潮の変化、地形の変化を見ながら丁寧に探ってみた。
それでも出ないので河口も探る。しかし本命からの魚信はまったくない。
流れの中を漂わせてゆっくり巻いていると・・・コッときた。
あれ!? 気のせいかなと回収してみると・・・

P1000096

クサフグの赤ちゃん。かわいい。
波がきて・・・

P1000098

ひっくりかえってみた

今年初の魚ってねえ(笑)
スレの傷はほんの少し。超元気に帰って行きました。


最後は綺麗な夕焼けの中、三重のサーフに立ってはみたが、やはりここでも無反応だった。少し前にかなりいたシーバスも姿をみせる事は無かった。

そんなこんなで釣り納めに続き、初釣りも結局ボウズ。
二度もバラしてしまう大失敗まで。
敗因は集中力の無さ。タックルを何度も持ちかえてボイルに気をとられていたりとか・・・。
あと、正月疲れで体調が悪く、寒さで非常にお腹が痛かったのもある。
今年は釣りの為、まずは体調管理、体を鍛える事もやって行きたいと思う。次回は本日使用したタックルについて書いてみるつもりである。
特に青物ショアキャスティングについてはあまりインプレなどもなく、自分が始めた時は苦労した。初心者の私のインプレなどアテにならないですが、またよければご参考にしてみて下さい。