23日午前1時。のんびりと用意をして出発。
行き先は今回も南紀である。
串本町に入った頃から夜空に閃光が走る。稲光である。
いつものコンビニに着くと大粒の雨が当たってきた・・・。
天気予報のバカ!! いきなりの雷雨なんて聞いてない

さすがにカミナリは怖いので少し仮眠をとることにした。
7時頃に目を覚ます。さいわいカミナリは消えていた。
まずは定例の青物調査だ。
最近、まったくご無沙汰だった超有名磯に行ってみる事にする。

今回、わけあってまたまた中華なスパイクブーツをはいて行った。
コイツが大間違い!! 雨で濡れた磯はもう滑りまくり。
危ないのなんのって、先端まで行くのにえらい体力を消耗してしまった。
ゼエゼエいいながらやっと到着すると先行者のルアーマンが二人。
上手にジグをシャクってらっしゃる。
さっそく準備してトップ、ミノー、ジグと探って行く。
・・・。
・・・。
・・・。

まったく反応なし!!三人が頑張り続けたがまったくである。
お二人はとうとうお帰りのご様子。
空いた先端に入らせてもらう事にした。
不思議なもので、プレッシャーが無くなったすぐにハマチのちょっとボイルが出た。自分はジグをフルキャスト、着底の真っ最中(笑)
何だか苦笑いしながら見てました。
しばらくすると、気の良い餌師のお爺ちゃんが登場。
隣に入れて欲しいと言われる。沢山の荷物を何度かに分けて運んでこられたお爺ちゃん・・・もう断る理由はございません!
少し談笑しながら一緒にやる事に。しかしこれが失敗だった・・・。
お爺ちゃん、自分のまん前までウキを流してくるのねー

これはさすがに釣りできません。文句を言う気力もなく心折れてしまいました。その後、何度もツルンっと滑りながら無事に車まで到着。
夕方にはまだ早いので、いくつか磯をランガンしてみました。
結局、どこにも私に釣れる青物はおらず・・・。
こんな時はご馳走を食べる事にしています

いつものファミレスにGO!
ここ、マジに美味しいんですよ。
お気に入りの大エビフライの定食を注文し夢中で頂きました。
疲れた体にはやはりエビフライです!!
ちなみに一番好きなご飯です。

少し休憩し、今回のメインであるアオリ調査を開始する事にしました。
私の遠い耳にも、ここ最近のアオリ好調のウワサは聞こえてきてます。
あわよくばモンスター
そんな淡いトキメキを胸にまずは明るいうちに良さそな場所をチェックしてみます。初めての場所ばかり・・・ルートの調査から始め、立ち位置や海の感じを見て行きます。初心者の自分にはこんな冒険がものすごくワクワクするのです。
しかし・・・本番は夜
当然、磯ですから真っ暗闇の釣りです。
以前にも書きましたが、私、夜の釣りが怖くてしかたありません!!
いわゆる超自然に感じやすい
そんな体質だったりします。

いざ暗くなってくると、いままでのヤル気はどこへやら。
怖くて葛藤が始まります。
デカイカ・・・怖い・・・2キロ・・・怖い・・・モンスターアオリ・・・怖いが釣りたい!!
やっぱ釣りたい
まずは青物でよく行く場所に行ってみる事にしました。
ラッキー!! 昼間は苦手な先行者さまが仏さまに見えました!
着くやいなや大きく竿が曲がってます。まさにファイト中!
慣れた手つきでギャフを打つ彼。しっかりとキロクラスを持って上がってみえました。先日、自分が釣っていた立ち位置でした。
軽く挨拶を済ませ隣に入れて頂ける事に。
さっそく準備してキャストします。

うーん・・・やたらエギが流されるなあ・・・。
投げた位置から数メートル離れた場所からエギが上がってきてしまいます。何度かそんな事をやってる間にも、その彼は連続してキロクラスを釣っています。こんなに上手な方の近くでやるのは久しぶり。
やばいな・・・焦ってきて自分の釣りを見失いそうになります。
そんな時、どこからともなく・・・
「自分の釣りをしなさい!」っと聞こえた気がしました。

ともかく自分のベストの釣りが出来る様にしないと。
それには、どうにも飛距離が足りない気がします。後ろの岩がジャマで大きく振る事が出来ません。そして今のタックルは感度は抜群なのですが、自分の力量ではどうにも飛ばないのです。
あの手この手で飛距離を出す様に頑張ります。
そんな中、やっとプラス5メートル飛ばせました。早速フリーで着底に入ります。やっぱこの距離・・・不思議とエギはまっすぐに沈み始めます。
よしよし、コレやコレ!!
着底を確認し、さっそく得意のシャクリを叩きこみます!
最近好きな弱テンションを残したフォール・・・。
アタリはとれませんが、底で一所懸命に抱きつく奴の姿を想像します。
よしっ!そろそろやろ。
確信的なアワせシャクリを入れますと・・・



ドン!! かあーやっぱ抱いてました
この瞬間、やっぱ最高に気持ちイイ!!
潮のきいたディープからサイズ以上のグイングインが伝わってきます!
でかいでかい 思わず声が出てしまいます
サラシでもまれながら浮いてきた奴に曲がったギャフを一撃・・・いや・・・
三撃(笑) やっと釣れました。





P1000293
モンスターには程遠いですが1600弱。
気持ちいいわあ。



その後もはりきって頑張りますが、どうにも向かい風がジャマをして飛びません。おまけにしっかりとアテ潮。
30カウントとって足元からエギが上がってきます・・・。
すると先行者のお二人は帰り仕度を!!
そうです、自分も急いで帰り仕度(笑)
あー怖い怖い。
久々に13な上手な方とお近くでやれて楽しかったです。


意をけっして次なるポイントは外海の激流場所に。
もう怖いより決意が勝ってましたね。
頭の中はモンスターで一杯!
駐車場にはアオリ狙いと分かる車が何台も。みなさん本当に凄いです。
すこし離れた場所に入る事にしました。
駐車場で準備してると一台の車が。
ご挨拶すると、どうも自分と同じ場所に入られる様子です。
ラッキー
勇気百倍です。
それにしてもこの方々、本当に紳士的で礼儀正しい方々でした。
不思議と凄く釣りを愛してらっしゃる雰囲気と、どこか違う何かを感じながら目的の磯まで歩いて行きました。

さすがに外海・・・夕方のチェック時よりすこしウネリもあります。
ちょうど満ち潮とも重なり、けっこうな波しぶきをかぶる場面も。
潮がよく流れ、水中のラインごとかなり流されてしまいます。
ちょうしに乗ってシャクっているとふいにテンションが無くなりスカっとなります。沈み根に触れPEからラインブレイクでした。
やたら根がかりに強いエギに交換し、リーダーを3メートルほど超多めに取り再チャレンジ。
あの手この手で探りますが、どうにも流れを攻略する事が出来ませんでした。本当に荒磯のエギングは未知の世界。
まだまだ修行が必要です。
一日中釣りをしていましたので、いよいよ気持ち悪くなってきました。
そろそろ限界・・・。お二人には申し訳なかったのですが先にあがらせてもらう事にしました。
後で知りましたが、このお二人、南紀で有名なあの方々でした。
かなり好きな釣師だったので何か感動
暗くてお顔は見てませんが何かオーラがありましたよ。

へとへとに疲れたので珍しくビジネスホテルに駆け込みました。
南紀特急では狭すぎて安眠出来ませんから。
予想通りの爆睡・・・そして大遅刻。
釣り人失格の8時出勤で磯に向かいます。
この日は快晴&気温たかっ!!でどこも満員御礼・・・。
入れてもらう隙さえありません。
あれよあれよで結局・・・凄く遠いところまで来てしまいました。
大場所にて青物をと30分の悪路を進みますが、やっぱり先端は満員。
こわーい底物の方がお一人帰られ、フカセのお父さんに隣に入れてもらいました。
すっかりマズメを逃し海は向かい風でザブンザブン・・・。
朝イチに小さなボイルはあった様ですが魚は静かな感じでした。
っと・・・見ると小さい穴、30センチほどの極小タイドプールに・・・
かわいそうに・・・ウツボの赤ちゃんが放置されてます。
どうやら底物のオッサンが怒りのあてつけにウツボの子供も放置した様子。

ここでRockBeachの怒り爆発しました!!
外道といわれる魚たち・・・。
てめえら何で残酷に殺すんだ!! それも生殺しの時間かけてよ!!
フグやネンブツやウツボや毒魚にいったいなんの罪がある!?
せめてさ・・・だまって逃がしてやれよ。
少なくとも、すぐにテメエのエサには喰わないんだからさ。
本命の魚も、外道もおんなじ命やろ。
美味しいって言われ成仏できないお魚さんはカンピンタンになってヨシか!? 息も出来ない状態で何で苦しまないといけないんだい!?

自分もリリース派ではありません。けど、キープした魚は絶対にあます事なく家族で美味しいねって感謝しながらいただいています。
しっかり全部いただいております。
せめて、せめて・・・これを見て下さる方だけでも魚たちに優しくして下さればと思います。
ウツボはフカセ師に確認して、そっこう優しく逃がしました。
せめてハリ飲んでなければ良いのですが・・・。

その後、気分良く行楽ムードで大阪経由で帰ったのが間違いでした。
阪和道・・・工事渋滞でとんでもない!!
結局、7時間あまりかかって帰宅しました。
和歌山ラーメン・・・ぬるかった