3月24日の釣行

こんな釣りバカのRockBeachですが、そこは人並みにサラリーマンとして、この三月忙しくしております。
皆様はいかがお過ごしですか。
まあーいつも釣りの事考えながらですけど

ここ最近、雨ばかりで皆さんも気持ち良く釣りに行けていない方も多いと思います。シケ、強風、水潮と私もずいぶん苦労しています。
この水曜、まず100パーセント雨の予報ではありましたが、また性懲りもなく釣りにでかける事にしました。

まーもう普通じゃないですね
たまの休み、家でゆっくりするとか、日帰り温泉でまったりとか色々出来るはずなんですが・・・ネ。

今回の釣りには一応目的がありました。
釣友の方々からも良い情報を沢山頂いていたのです。
最近、釣れてないので、本当は喉から手が出るほど釣りたいんです!
それで運良く釣れたとして・・・やっぱウレシイのでしょう。
けど、自分で魚探して釣ったなら、きっともっとウレシイし今後の糧にもなるかと
結局、またまた冒険の道を選んでしまうのでした(笑)


さて、今回は写真はナシです。
三重、南紀の方なら誰でも知っている場所なのであえて無し。
今回の目的とは、早春の河口、サーフ&漁港アオリの調査です。
各地でシラスウナギ漁もさかんに行われ、そろそろ春ならではのベイトも集まってくる時期。それを追って銀ピカのヒラたいのや、茶色いヒラたいのが集まってないかと気になっていました。

アオリにつきましては、何故!? 今さらわざわざ漁港で?とお思いの方もいらっしゃるかとは思いますが・・・。
単純に自分が漁港好きなんもありますが、これからの産卵シーズン、漁港もあなどれないポテンシャルを持っていると思います。
ちなみに、去年の春シーズンは志摩で真横のヤエン師に2キロ半、3キロと立て続けに釣られてしまいました
熊野・南紀エリアにおいては、秋イカのポイントは人並みに知ってはいるのですが、実は春の親イカの漁港ポイントは殆ど知りません。
ですので、この機会にちょっと探してみたいなと思いました。
前回の釣行でどこの磯も釣りにならなかった・・・。
そんな時、諦めて帰らない為にも静かな漁港のポイントをいくつか知っておきたいのです。お気軽だし

現地到着は午前2時。ゆっくりと常夜灯の下、装備を整えて行きます。
今回は夜中から浜に向かう事にしました。
いつも見て下さっている方はご存じかと思いますが、ワタシは大の怖がりです。昔から少し第六感があり、見てはならないモノを見たり聞いたりする事があって・・・。このテの話は釣り人とは切っても切り離せない都市伝説みたいなモンですが(笑)
今回も実はかなりビビって向かうのです。

河口ってのは勿論ですが、山からずっと川が流れててきて、海に通ずる最後の場所です。
心霊だの幽霊だの言う以前に、様々の物が流されてくる場所・・・。
動物の死骸や・・・時には人の・・・。
ビニール袋に詰められた〇〇
実際、都心部では釣り人が発見する事も多い・・・。
もうね、ビビッてる人間には変な妄想で頭がいっぱいになるんですよ!
ビクビクしながら、なんとか工場からの灯りが届く場所まで歩いて行きます。とにかく、まずは少しでも明るい場所にって感じです。

しばらく水際を歩いて行きます。河川内にはまったくベイトの気配もありません。風も微風でやりやすい状況です。
するとかなり先に妙に気になる何かがあります。
大きさはフットボール位に見えます。
見たくないのですが、どうにも目がそらせません。
少し進み、いよいよソレが見れる位置まできました。怖いのに、どうしても無視出来ない感じでした。
ヘッドランプの明るさをマックスにしその物体に照らした瞬間です!!
横向きに・・・
首からちぎれた頭部としっかりと目が合ってしまいました!!!

だああああああああああー!!!!
真夜中の河口におっさんの悲鳴がまたしても響いたのでした。
全身の毛が逆立ち、強烈な寒気がしましたよ
怖すぎてデジカメなんて撮れませんし!!
きっと、すごく綺麗な目をしてらっしゃったので・・・マネキンの首だとおもいますけど・・・。

走りながら河口に何とか到着しました。
あまりに怖いので冷静に釣りできません!
何とか気を落ち着かせ、まずは河川内の流れを攻めていきます。
表層から始めますが異常なし。
後ろが気になってしかたないですが、続いてはバイブレーションに交換し手早く宙層を探ります。
しかし何も起きず。流れの本流、きっと一番深みで
ボトムをとり、リフト&フォールでハゼの様に演出してみましたが何も起きません。
仕方なく真っ暗な海側に移動します。

予想以上に川の流れがサイドに蛇行しながら流れており、キャストしても撃流にのまれリトリーブ無しでもルアーが全速力で泳いでしまいます。
良くない感じなので、川の流れが影響しない場所まで移動。
しばらくキャストを繰り返しますが、まったく何も起きませんでした。
しばらくすると、ヘッドランプが一つこちらに向かってきます。
やっと一人のアングラーが登場しました。
しばらく粘りましたがもう、何だか疲れ果てたので撤収する事にしました。


最近思うのですが、どうしても無理をしてしまっている様子です。
釣りをしていて、楽しいとか、ワクワクするとか、ドキドキするとか、そういうプラスの感情よりも、大波や荒海の恐ろしさ、夜の釣りの怖さ、悪天候の辛さなど、そんなマイナスの感情のが勝ってしまっている様に思いました。これでは・・・釣れるより先に自分の心が折れてしまう。
なんだかふいにそんな気がしました。
何人かで行けば笑話になる状況でも、単独釣行だとけっこう精神的にキツイ時もあるんですよ。


完全に空も明るくなったところで、続いての漁港アオリの調査を開始してみる事にしました。
いつも良い魚が入ってないか、軽くランガンしてみる港をよく観察してみる事にしました。
すると、けっこう大きめの海藻が茂っていたりと良い雰囲気。
墨跡はありませんが、何となくアオリが入ってきそうな感じがムンムンです。しばし探ってみますがアタリはナシ。
少し移動してみます。

すると水深もしっかりあり、大きく潮が流れている場所がありました。
やっぱり・・・ちゃんと地元のオジサン達もヤエンをやってみえます。
ご挨拶して状況を聞くとまったくダメとの事。
どうやらこの雨と気温の低下でキビシイとの事でした。
とりあえず、状況確認の為、得意の3.5号DEEPにて探ってみます。
ところどころ、目視で確認できる茶色い根が見えているので、その周りをタイトに探ってみました。
まずは一投目、DEEPタイプのエギなので、かなり速くシャクリを繰り返し、根にタイトにフォールさせる為、スラッグ出しながらギリギリのテンションをかけフォールさせていますと!
一瞬、カチッと硬質な衝撃の後、凄い速度でスラッグが消えゴンっと竿先を持って行きます。
あまりに突然だったので遅れました。
急いでフッキングを入れるとドスっと一瞬手ごたえがあり、フッと軽くなってしまいました・・・。急いでパニックモードを演出しますが、おそらく身に一瞬でもカンナが刺さったのでしょう、再び抱いてはきませんでした。

もし、魚ではなくアオリならば、けっこう良いサイズだったかもしれません。
その後、一瞬爆風で釣りが出来なくなりましたが、しばらく粘り続けるも二度とはアタリは出ませんでした。
戻って行きながらも、漁港、サーフなど色々探ってみますがまったく反応はありません。
お世話になっている嶋勇さんにて、藻場で絶対の威力を発揮するエギと最近評判のエギを購入します。
その後、花火で有名な磯!?を少し探ってみましたが、ウネリが大きくなってきたので終了しました。

今回、状況も厳しかったのかもしれませんが、またしてもボウズで終わってしまいました。今日見てきた事は今後、うまくタイミングを合わせられればきっと良い結果として出るんじゃないかなとは思います。
また、ワクワク、ドキドキして釣りが出来る様、次回はあまり無理をせず楽しく釣りに行けるようにしたいと思います。
ではまた