7月28日の日記


ここ最近、ずっとヘビータックルで釣りをしている。
しかし、それは勿論、自分の釣りの最終形というわけではない。
意外に思う方もみえると思うが、むしろ自分は様々なシチュエーションに合わせようと細かく考えるタチかもちれない
釣り人だからこそ、釣り人が集まって話をすれば、その釣り人の数だけ様々な考えが生まれてくる。
個々人の技術や癖もまた違うし、仮にAさんが良い、悪いと言った物がBさんやCさんにとっても同じなのか!?
なかなかその話は鵜呑みには出来ないのではないだろうか。

私の場合、せっかく様々な事をアドバイス頂いたのだからと、まずは全て素直に自分の中に入れてみる事にしている。
その中で気になった事はすぐにでも試してみる。
とにかく、自分が実際に体験してみないと分からないからだ。
気にならなかったり、否定的に思った事があったとしても、いつかこの先に生きてくるものかもしれない。だからまずは覚えておくのだ。

ここ最近はヘビータックルで釣りをしながらも、少しライトなものに興味を持ち始めていたのだった。
それは単純に使えるルアーの幅が広がる事、よりルアーの飛距離が伸びる事なども期待出来る。
悪天候などの厳しい状況の中でもより釣りやすくなるだろう。
当然、魚とのファイトもまた違ってくるのだが、経験の少ない自分にとっては、まだそれはおぼろげなイメージでしかないので公には出来ない(笑)
ともかく、思い立ったら即行動!とまずはイメージを具体化する為に準備する事とした。

結果として、この釣りを始めた時から苦楽を共にしてきたウエダのGTを手放す事にした。
思い入れも非常に強く、大事に使ってきたロッドではあったが・・・。
仲間が大切にしてくれるとの事で有り難くお譲りする事にした。
一般的なサラリーマンである自分には、そうそう新しいタックルを買う力は無いのだ
新しいロッドには色々と悩んだが、結局、一番気になっているコイツにした。


P1000585
予算の関係もあり今回は中古を探すことにした。
タイミングよく良い出物があったので無事に購入完了。
100XR-2と比べるとまず軽い。少しの差なのだろうが違って感じる。
実釣においてはその差はさらに大きいと感じるのだった。
どこがライトだ!!と思われる方もいらっしゃるでしょうが、いやいや、相当にシナヤカであり、比べるとやはりかなりライトなのである

このロッドに合わせるリールは手持ちのソルティガZ4500Hにしてみる。
ただ、メインラインは以前のソルティガセンサーPE4号から、最近、新しく発売されているソルティガ8ブレイド+SiのPE3号と細くしてみた。
ロッドに表記されている適合ライン号数はPE#4からとなってはいる。
まあ、最近はラインの性能はどんどん上がっている様なので、とりあえず気にせずに試してみる。

今回の釣行先はかなり悩んだ末、最近ハマっている沖磯に行く事にした。この時期は楽なのもあるが(笑)、出来れば10時間とかずっと釣りしていたいし、もしかしたら真昼間にも魚に出会える可能性も高いからである。とにかく、下手な自分には釣って釣って、釣りまくって修行する以外にないのだ。
平日という事で安心していたのだが、予想に反して渡船屋さんの駐車場は沢山の車がすでに停まっている。
受付の時刻になって、ぞくぞくと人が集まってみえるのだが、ルアーマンと思われる方が非常に多いのだった。
あれ!?
まだ暗い中ではあるが・・・どこかで見た顔の方がいらっしゃる。
あの方はもしや有名なDVDに出演されていた方では!?
また、あの方は人気ブログでいっつも大物を沢山釣ってみえる方では?
なんとも凄腕のアングラーさん達が沢山来てみえるのだった。
しばらくすると、以前、大変にお世話になった底物クラブの方々も到着!
再会できてとても嬉しかった。

結局、ほぼ満員状態で船は静かな海へと港を出ていった。
これだけの人数だと今回もまた希望の磯へは難しいかも・・・。
そう思っていると1グループの方々は違う磯に渡してほしいと船頭さんに頼まれていた。
今日は幸いにも波は静か、ついに憧れの名礁に立てるかも!
期待は高まる。ほどなくしてついに夢見た瞬間となった。
船は静かにその磯に先端をつけたのである。

しっかり足を踏みしめ、とにかくまず高い場所に荷物を置く。
急いで戻り、餌師の荷物を下ろすのを手伝うのだった。
満潮が近いので立ちたい場所には波があらっている。
上物師にご挨拶し、もう少し潮が引くまでは傍で釣りさせて下さいとお伝えする。快くご理解くださいました。
タックルをセットしとにかく朝一番のチャンスタイムを急ぐのだった。
しかし、思いのほか潮がしっかりと流れている。
おまけに少し波だっており、得意のトッププラグがどうにも良い動きをしそうにないのだった。
タックルも変わった事だし、自分としては珍しくシンキングペンシル、ミノーからスタートしたのだった。
キャストを繰り返すが反応はない。
おかしい・・・。いきりたったシイラが今にも出そうな雰囲気なのに・・・。
しばらくすると隣のアングラーさんにヒット!
小ぶりではあるが元気なシイラを釣ってみえる。

シイラの反応がないので自分は青物狙いに専念する事にした。
まだシイラ経験はわずかであるが、どこか青物とは違うのかなと感じていたのである。
うまく言えないのだが、何かスイッチが違うかなと(笑)
青物の回遊を信じてキャストして行くが反応は無い。
誰にも変化ないまま数時間が過ぎて行った。

今回、自分はどちらかといえば三重、南紀のローカルの方々に近いルアーを使用している。
いっぽう、隣のアングラーの方々は時折、この自分でもビックリする様なルアーを投げていらっしゃるのだった。
最近、よく遠方からのアングラーの方々にお会いする機会があるが、本当に所変われば何とやらである。
タックル、ルアーも大きく違う事もしばしばあるのだ。

しばらくすると隣の方のトップにシイラがヒット!!
何と驚きのルアーで見事にしとめられた。
それからも単発ではあるが何本か釣ってみえる。
しかし、少ないながらも様々な引出しを開けて釣っている私には全く反応がないのだった。
一度だけポッパーでスローに誘っていた時、ふいにそばで小型のトビウオが飛んだ。すぐさま次のポッピングにドバ!っと出てポッパーが消えたのだが・・・。
こんな時に限って私のリアクションタイムが良すぎた(笑)
消えた瞬間に合わせてしまいスッポ抜けてしまった。

帰りの時間まであと一時間ほどになり、狙いを変えてジグにて探ることにした。狙いの魚に合わせフックは大きく太いものを付けていた。
10メートル程沈ませ、数度ジャークを入れては巻いてくる。
そしてまた沈ませの繰り返しである。
ふいにガン!っときた。魚がまだ咥えている感触が伝わってくるのでフッキングを入れてやる。
ゴッっと乗ってグングンと引くが小さそうだ。
念のための追い合わせを二度入れて間違いないだろうと巻きよせているとフっと軽くなった。
???
すぐに二投目・・・また同じ様にバレてしまった。
三度目は合わせず追わせて追わせて、水面まで出して来てやった。
やっと魚が見えたが40から50センチ位の小さいシイラだった。
しっかり食っているし、丁寧にフッキングも入れているにも関わらず、巻いてしばらくすると全部テンションが消えて軽くなるのだった。
覚えているだけで7、8回、こんなフックアウトが連発した。
さすがにあまりの自身の下手さに嫌になった
急いでフックを小さいものに交換したが時すでに遅し、地合いはまさに一瞬であった。

結局、隣の方々はお二人で何本かのシイラを釣ってみえた。
一本かけてからの絶妙なチームプレーで連続してヒットさせてみえたのは初めて見る光景で、こういう釣りもあるんだなと感心したのだった。
まるでアオリ釣りの様であった。
ズバリ!! RockBeachは完敗であった。
まさに腕の差であった。
かなーり悔しいので・・・この夏、もう一回くらいはシイラにリベンジしてやりたいと思う。
だけどシイラはシーズンに一、二回祭りがあったら良いかな。
やっぱり青物探してたいな(笑)
それでは・・・