12月24日の日記


釣りに行くチャンスはあったのですが、なかなか天気が思わしくないので断念していました。
北西風が厄介です。
天気予報と睨めっこする毎日でしたが、やはり行ってみないと分かりません。
ダメもとでゆっくりと南紀に向かいました。


南紀入りしたのは午前1時ごろ。
さすがに今回はしっかりと天気予報が当たっている。
なるべく風裏になる場所にと移動する。
追い風となるココであるが・・・。
その風がキツすぎて、エギングのラインは空に向かって吹け上がっていく。
しばらく、我慢してキャストをしていたが、殆ど何をやっているのか分からない。
仕方なく早めに仮眠する事にした。

目が覚めると、6時20分!!
しまった!また寝坊だ。
今回は自分の好きな磯に行きたかった。
特に良い話も聞かなかったが、何となく予感がして決めたのだった。
必死に準備をして磯に向かうのだった。

しかし風が強い!
強烈な向かい風にまともに立ってられない。
前かがみになっていないと釣りが出来ない感じであった。
自身の釣り史上で、おそらく一番の爆風だったろう。
風のせいで海も波立っている。
しかし、まだトッププラグで出来ない事はない・・・ギリギリの感じだ。
だが、あまりの風でルアーが飛ばない。
打ちたい潮目、ヨレまで届いてくれないのだった。
風は更に強さを増す。
一番強い時には、ジグでさえ15メートル程しか飛ばなかった。

それでも何とか頑張ってはみたが出ない。
気分転換にチョっと餌を投げてみる。
ゴゴンッ、ガツガツガツ!!
何だ!? 水の中はお祭り騒ぎか??
二度投げてすぐに餌を取られてしまった。
しっかりと餌を付けて再度投入する。
グググーっと締め込む。
グッとティップを絞り込んだのを見てアワセてやる。
っとっと!なかなかの突っ込み!!
結構な重量感だ。
ゴリゴリと巻き寄せてきたがフッと軽くなってしまった。

続けて二度同じ様な感じでバラシてしまった。
どうやらハリが小さい様子。
次に喰った奴はけっこうなサイズの様でなかなか寄ってこない。
丁寧にやりとりしたが、手前の沈み根に入られて一瞬でブレイクとなった。
気を取り直し、再び投げる。
今度は竿を叩く様なアタリ!
ガンガンガンっときてアワセも決まった
おお! 何か突っ込むし走るゾ。
さっきまでの魚とは違う感じだ。
結構、気持ち良い引きを楽しみながら最後の突っ込みをかわす。
お!っと一瞬、銀色に光る魚体が光る。
あとは少しタメて一気に抜きあげ。
小さいですので(笑)



P1000795
やったね! ちょっとウレシイです。
「ナンヨウカイワリ」
黄色の斑点が特徴的ですね

これはジグでも釣れるかも!?っとやってみましたが・・・。
難しかったです。トホホ

それからすぐに少し風向きが変わり、更に爆風となってきた。
海はどんどん良い感じになってきた様だったが、危険なので撤収。
後ろ髪ひかれまくりでポイントを後にした。

このナンヨウカイワリ、もちろん食べるの好きなRockBeachですからお持ち帰りとなった。
40センチくらいでしたが、けっこう身がパンパンで肉ヅキが良い。
そしてその白身は・・・物凄く脂がのってました!
包丁に脂が付いてすぐに切れなくなるほど
白身魚の大トロ認定でした。
家族三人、けっこう沢山食べれました。
もちろん、美味しい

それでは