10月8日の日記









前回の釣行で感じました、リールの回転の重さ。
どうしても、やりにくいのでぼんやりと調べてみる事にしました。
とはいえ、メカ音痴の私には構造的な事はサッパリです。
調子悪いのかな?位の事しか思い浮かびません。
とりあえず、手元にある二台を交互に巻き比べてみます。










当然にして機種が違いますから、回転フィールは各々特色があります。
共に 「MAG SEALED」 という先進の機構を備えてはいる様です。

LUVIAS の方は滑らかで柔らかい感じ。

CERTATE の方は硬質でシャキっとしたイメージに思いました。


しかし、負荷がかかっていない状態でも、明らかに CERTATE の方が重く感じます。
重い、否、動きが渋い様に思います。
どうやら、本体内部の重さではない感じです。







そこで、ハンドルノブの動きを確認してみます。
やはりでした!
明らかに CERTATE が渋いのです。

実は少し前の釣行で、
LUVIAS のハンドルノブの隙間にラインを噛み込ませてしまったのです。
暗闇でうまく取り除く事が出来ず、あからさまに渋くなったそれを我慢してやりました。
たったそれだけの事ですごくやりにくかったのです。


普段、大型リールをゴリゴリと巻いている私には盲点でした。
ライトタックルでは少しの違いで変化を感じてしまう。
言い換えれば、大型リールでもやはり確実に変わるのでしょう。
話が逸れてしまいました。








要するにラインが絡んだ時に、どこか CERTATE と似た感じがすると思っていたのです。
改めて、確認するとヤハリ!でありました。

ハンドルを両方のリールから外し、ノブをつまんで回してみます。

LUVIAS の方はスルスルと回りました。


CERTATE の方は!?





固着してまんのん???








回らない事はありませんが、それ程に動きが悪いのです。
もしかして、軸が曲がってはいないか?
そんな風に疑ってしまう程でした。
ちなみに LUVIAS の方もそれなりであります。
例えば、指でプンっと弾いてやっても、高速で何回転もする訳ではありません。
それにしても、CERTATE が酷く思いました。
もしかすると、私の物だけの不具合かも知れません。











そこで、インターネットで調べてみる事にします。
ふむふむ、ほーなるほど!

CERTATE ってノブにベアリング使ってないじゃん。


結構、高額でしたので意外に思いました。
いや、ベアリングでなくとも、例えカラーを使用していても別に良いのです。
気持ちよく動けば特に不満はありません。








更に色々と調べてみますと。
社外品でベアリング化のキットが出ている様でした。
また、かなり詳しい方のブログ等では、
そのサイズを特定し、ベアリングメーカーから必要な数だけ購入というのも述べられています。
ただ、どちらにせよ、今すぐに近くで手に入れるのは難しいと思いました。
私、思い立ったら即、試してみたい性分なのです。











そこで考えました。
あと、数時間後には釣りに出かけたいのもありました(笑)
とにかく、時間がない!

ポンっとそこで閃きます。
そうだ、昔、オーバーホールに挑戦して、
再起不能にしてしまったリールの残骸があるかも!


急いでガラクタ置き場を見に行くとありました。
やったね! であります。
専用工具なんて有りませんから、ペンチとクリップを加工して作業してみました。



逆ねじと知らずに思いっきり絞めこんでしまったり・・・。
そんな事には負けていられません。
苦労してやっとできました。
ふぅ。

























20131008_211157













この際、見た目がどうとかは言ってられません。
ちゃんと動くかどうかが大事なのです。
指でプンっと弾いてみますと。
シャァァァァーっと勢いよくノブが回ります!
多少、ゴロゴロしてるのはスルーしましょうか。





























20131008_211302













リールにハンドルをつけて巻いてみます。
おおー!!
別物のフィーリングですよ!









とりあえず、これで CERTATE の方は様子見って事で完成しました。
あと二つ、ベアリングが余りましたから、
LUVIASの純正ノブにも移植出来ないかやってみる事にします。


加工したクリップでキャップを取って。
ネジを緩めて行くとノブがとれました。
ノブの形状は CERTATE と変わらない様に見えます。
しかし、内部の部品が少し違いました。
動きの差はこの辺の違いにもよるのかも知れません。




結果、CERTATE と同じ風にベアリングを二つ入れる事は出来ませんでした。
ワッシャーなどで誤魔化してみましたが、
どうしても、ネジを締め込んで行くとノブが動かなくなってしまうのです。
時間もありませんので、一つだけベアリングを入れて終わりました。
それでも、指で弾けばシャァァァーに変わりました。
にひひ。



それから、急いで準備をして釣りに行きました。
遠いですが、台風通過の最中の海。
とてもエキサイティングでしたよ。
それはまた後日。









交換後の実釣での感想はずいぶん良くなったという感じです。
内部の動きの問題か、もしくはベアリングにガタがあるのか。
負荷がある状況でリーリングしていますと、
微細ですがコッとした違和感を感じる時が多いのです。




気を研ぎ澄ませてやっておりますと、巻きでアタリをとったりする事もあります。
その違和感で分からなくなったり、
アタリかと勘違いしてフッキングしたり。
ともかく、まだほとんど CERTATE は新品状態ですから。
もう少し使い込んで様子を見たいと思います。






LUVIAS の方は絶好調って感じで扱いやすいです。
そうそう、これを書きながら、各々のハンドルごと交換して巻いてみました。
面白いですね!
たった、それだけの事で回転フィールが変わって感じます。
柔いが硬いに、滑らかがシャープにと変わって思いましたよ。





高額な社外ハンドルに交換する前に。
ちょっとこうしたチューニングも良いかもと思いました。







それでは