2016年 6月15日の日記







底物釣りを始めたものの。
まるで分からない事ばかり。
調べようにも、殆ど、情報は無い。


新しい釣りの世界へ足を踏み入れる事は。
いつもなら、楽しさでいっぱいだけど。
今回はちょっと違う。
大変な事がとても多いのである。







今回の釣行は、ずっと、行ってみたかった場所を目指す事にした。
渡船を利用して、沖磯へと渡る。
船頭の 「今日はどこへ行く?」 との言葉に。
磯の名前を告げた。





















20160615_044515




































20160615_044507




































20160615_044453




































20160615_044446















生憎の空模様だが、初めての場所に胸は高鳴った。
足場はとても良い。
沖向きは波があったが、こちらまでは届いてはこない。
さて、どこを狙うか。
知っている方であれば、すぐさま、竿受けをセットされるだろう。
予備知識なども含め、まるで知らないから。
ともかく、信じたその場所へ。
仕掛けを投入するしかない。





















20160615_060917

















































20160615_060927



























おそらく、非常識なセッティングだと思う。
ピトンには石物用を使用している。
危険だろう。
しかし、とにもかくにも、まずは経験だ。








今回、エサには大きなメジカをそのままで使用する。
最初の内こそ、何かの餌盗りがかじったのだけど。
時間が経つにつれ、殆ど、何も触らなくなった。
ヤツの気配があるのか!?などと考えてみたり。
ウツボもお留守か?と思ってみたり。
時間だけが刻々とただ過ぎて行く。
そして、何も起きぬままに納竿となった。







ともかく、行ってみる。
私にはそれしか無さそうだ。




それでは