ロックショア

心帰る

2016年 4月6日の日記








心労、疲労困憊。
行きたいが、身体がついて来ない。
それでもである。
家にいたら駄目だ。
心理的にも、現実としてもそうだった。


ギリギリまで部屋で悶々と考える。
そうして、決断して南紀特急に飛び乗った。
しかし、疲れが瞼を重く、重く塞ごうとする。
何度か車を停めて、薄着で冷気の中に身を置いた。
そうやって、何度も目を覚まして南紀にたどり着く。
だが、そこまでが限界であった。
少しだけと、シートを倒して目を閉じる。
ハッとして飛び起きたのが、午前5時40分であった。
必死の思いでここまで来て。
朝の磯に立てないのではないか!
向かったのはあの磯。
お願いだ。
先客よ居ないでくれ。







転がる様にして磯を駆けた。
道具をセットし終えた頃にはもう随分と明るくなっている。
自身は未明から、暖機運転をするが様に。
ゆっくりと、ペースを上げていく事が常である。
塩が抜けきらず、固着しかかっているラインが徐々に飛距離を出す。
私の腕や肩も。
だんだんと、温まってくる。
しかし、今、その様な時間はない。




もし、この朝。
魚が回っているならば、どこで狙っているだろうか。
これも、いつもは、わざとそうは思わない所から探って行く。
ただ、何となく。
この朝は今がその時だと思った。




キャストを始めて三投目。
気になるスポットにルアーを入れる。
穏やかにアクションさせて少し。
得も言われぬ気配が浮上した気がして。
チュポンっと小さい波紋の中にルアーが消えた。
体で覚えた間で、バットを激しく煽る。
途端につんざく様な潜行が始まる。
ほんの僅かだけラインをやったが。
右に左にと、暴れまわるヤツにロッドを追従させる事が出来た。
瀬際に来ての更なる抵抗。
なんと、パワフルなのかと驚く。
しかし、力負けは無い。
ずっと、苦楽を共にしてきた道具を信じるのみ。


























20160406_063122

















朝の光にうつる、この色の美しさは形容がしがたい。
出て欲しいところで出て、止めたい時にしっかりと止める事が出来た。
瀬際のパワー感は断トツ。
素晴らしい魚であった。






















20160406_073440




































20160406_073445

















いつもの様に抜き上げたが。
魚はほとんど動かなかった。
きっと、全力で逃れようとしたのだろう。
祈りを唱えながら刃を入れた。

























20160406_075118





























今回ばかりは、嬉しいなんて言葉では言い尽くせない。
正気の自分を見失う様な事になって。
限界まで落ちてしまっていた。
這い上がろうとしたけれど。
どうにも、駄目で。
唯一あるものは、ずっとやって来た釣りしかなかった。
例え無理矢理でも、それを信じるしかなかった。

今もって振り返っても。
この、ヒラマサとの出会いは、それほど大きなものだったと信じて疑わない。
この日を境にして。
自身の中のギヤが変わる。
やっと、第二の故郷の南紀に。
黒潮に。
心が帰ったのだった。




「ワイルド桜」 もまた。
早春の潮風の中に花を咲かせていた。
いつかの日にか。
我が胸中の花も。
満開に咲かせてみせる。





それでは








My Tackles

Rod  MC Works RAGING BULL 100XR-1
Reel  DAIWA SALTIGA Z6500EXP with Z6500DogFight Spool
Line   OCEA EX8 PE #5
Leader NANODAX 150LB



再び青物を探す。

2016年 3月23日の日記








この日も南紀まで車を飛ばした。
何故にかは分からないが。
少し前にラインを飛ばされた場所にとは思わなかった。

ある程度、例年の 「時」 の傾向性を鑑みて磯を選ぶのだけど。
やはり、実際、磯に立ってみないと分からない。
そしてまた、計り知れない可能性が。
ここ、南紀の海にはあると思っている。
ま、コツコツ、現場へと通うのが何よりなのだろう。









ゆっくりしたいので、夜明けのかなり前から歩き出した。
しばらく来ていない磯だったが。
行けば、それなりに道を思い出す。
波の音はそれなりにある。
潮はどうだろうな?
まだ、真っ暗な磯でその時を待った。

やがて、夜が明けて来て。
大海原が眼前に広がって行く。
今日の海は、私にはなかなか良く見えた。
期待を込めてキャスト!


キャスト!!


キャスト!!!


キャスト!!!!


キャ、、キャスト!!!!!




うむ。
何もない。。。



















20160323_062213

















それなりに、あの手この手と頑張ってみましたが。
ギブアップです。
少し沖には何かありそうですが。
見切りをつけて上がりました。
見たい景色があったので。







この春はいろいろとあったので。
乾いた心が潤いを求めていたのかも知れない。
ある時、ふと、思い出す景色があった。
あの桜はいつ咲くのだろうか?


「ワイルド桜」


自身が勝手にそう呼んでいる一本の桜がある。

名所や、街中で。
満開に咲き乱れるサクラを見ても。
勿論、美しいとは思うのだけど。
何故か親近感を感じない。

過酷な自然の中で。
決して、たくさんの花を咲かせる事はないけども。
懸命に生きる、その桜が見たかった。






しかし、残念ながら。
まだ、開花には幾分か早い様であった。
「もう少し先だな・・・」 と。
別の意味でも悟った自分がいた。


湿っぽくなっても仕方がない。
早春のこの時期に。
ここに来れている事が何よりなのだ。
そうして、しばしの間、散策してみることに。






















20160323_072658















































20160323_072908



































20160323_072923



































20160323_073030



































20160323_073148



































20160323_073256



































20160323_073408



































20160323_073714






















当たり前ではあるが。
春はもう確実に来ているのだ。
また、来週も来よう。
それだけで良いさ。





それでは

















青物を探す。

2016年 3月16日の日記






手っ取り早く、去年を総括して、書けば楽なのであるが。
記録としても残しておきたいものである。
とはいえ、日にちが経ちすぎていて。
忘れている事ばかりだ。

特に記憶に残っている事は今まで通りに。
それ以外は、メモや画像を貼ったりで。
駆け足で行きたいと思う。



この日の事は、まさに忘却の彼方へである。


自分の足で行き。
ルアーを投げてみて。
探した。





















20160316_143436



















魚からの反応は無かったのだけど。
磯から上がると美しい花が咲いていた。
来週もまた来ようかと。
南紀を後にした。






それでは








衝撃的

3月2日の日記










最悪な気分の中でもがいていた。
もう、まったく、病気になっていたかもしれない。
否、それほどまでに、まいっていた。

しかし、自身はどんな時も海に立って来た。
無論、頭ではそれが分かっても。
辛いと、なかなか、そうは出来ないものだ。
毎週、毎週、そうやって、休みを酒にまみれて過ごした。
しかし、それももう限界だ。
海に行こう。
きっと、釣りがしたかったのではない。
南紀の海に助けて欲しかったのだろう。











しばらく、行っていなかったせいで。
出発の準備にはかなりの時間を要した。
フックは錆だらけだし。
必要なものを、いったい、どこにしまったか覚えていない。
あれやこれやと、結局、三時間近くかかって準備を終える。




車を走らせ、いつもの高速へと乗ったが。
頭に浮かぶのは嫌な事ばかり。
考えるのを止めようとしても。
気がつけば、また、同じ事を考えている。
おそらく、考え癖、悩み癖がついてしまったのだろう。
逆に、なんだか、無心になるのが怖かった。
結局、南紀に着くまで繰り返していた。











この何ヵ月か、釣りの事は上の空であった為。
まったくもって、今の状況を知らなかった。
釣果だとか、海がどうなどといった情報も知らない。
だから、行先は気になる磯にした。
予感があるとか、そんなものではない。
やってみたいという、気のままにである。








駐車スペースに車を停め、歩き出すまでの時間を待っていた。
隣の車のアンサーバックが点灯し、人の気配が近づいて来る。
お話しすると、烏賊狙いで今まで入ってみえたとの事だった。
彼らが帰られ、少ししてから磯へと向かう。
誠、それらしい事はしていなかったが。
波と潮汐だけは見て来てはいた。
よって、素直に釣り座へとは向かう事が出来た。
今日は餌の方もお早い様で。
キャストを開始してすぐにお隣へと入られた。
私にとっては、一番の集中どころの時なのであるが。
餌の方は、物凄い話好きの様だ。
マシンガンがごとくに話しかけてみえる。
角が立たない様に、会話を止めるのにエネルギーを使う。







スタートは自身の得意のルアーからだ。
数投しても反応はない為、こちらも得意な大きいものに換える。
潮があれなので、潜らせたりはしない。
のたうち回る様に、ゆっくりと引いた。
最後、足下でリズムに乗ってくねらせて止める。
バシャ!!っと何かが出て、猛スピードで翻してその姿を消した。
何かは分からないが、それなりの魚がいた。
もう、二、三投、同じ様にやってみて。
無いので、元のルアーに戻す。
今度は、派手に派手に。
スピードも上げて、海面のもわつきの上を通してやる。
泳ぎを息絶えらせたところで、小さく、ちゅぽんとルアーが消えた。








竿先を下げ、一呼吸おいてからバットを入れる。
二発、重くフッキングを入れた。
いつもなら、ここでハンドルを巻き殴る間に入るのだが。
今回はヤツの方が速かった。
ジィィィィーっとスプールが逆回転して行くのだ。
今日はファーストキャストを撃つ前に。
よくよく、手でひねってそれを確認はしていた。
気持ちも入っていないし、瀬際がヤヤコシイので、楽な感じにはしていた。
だがしかし、これは、あまりに速く、強すぎる・・・。
竿の角度を変え、嫌な抵抗を与えてみても尚、まったく止まる事を知らず。
こちらが怖くなってきて、大急ぎでドラッグノブを何回転もさせた。
なんてことだ!!
殆ど止まったものの、握るグリップの辺りからミシミシと音が鳴る。
はっとして、上体を横にずらし、竿を見てみた。
それは、一瞬ではあったが。
リールシート辺りから曲がっているのである。
あまりにテンションが掛かりすぎているし、身切れも頭によぎった。
それで、再度、ノブを戻して、幾分か楽に出る様にした。









そこから、反撃へと転ずる。
リールは巻けなくはないが、ヤツは完全に底にいる様であった。
引きでというのではなく、現実に底の何かに身体をぶつけて叩いているのだ。
グググ、ゴリゴリゴリ、ガツン、ガツン!!
音にすると、こんな感じになる。
その衝撃が竿を通じて、直接、自身の腕に響いて来る。

しかし、そうはいっても。
じっと、ただ、耐えている訳にはいかない。
なにしろ、特にヤバイ奴を考えてもいなかったので。
ライン号数も楽な感じで来たから。
もう、磯を飛び渡り、少しでも前へ出て。
極力、上へ、真上へと浮かせたいと思った次第である。
嫌な感触は時折あったが、それでも、かなり巻き寄せてくる事は出来た。
まったくもって、ヤツは弱らなかった。
必死で巻いていても、ギュンっと来たらまた止まらない。
もう、この頃には頭は真っ白を通り超えて。
「恐怖」 に支配されていたと思う。
ラインの角度が立ち、足下付近まできた頃、それは起きた。
おそらくだが、足下の底、その根に沿って右手へと走ったのである。
ラインをやれば、確実に磯に触れて高切れだ。
っと、瞬間的にスプールを鷲掴みにするのだった。
私には、それしか道はなかった。
不気味なほど竿が曲がり、次の瞬間、後ろ向けに飛ばされる。
ライフジャケットがクッションになって、怪我だけは免れて助かった。
やってしまった!っという気にはなったが。
所謂、放心状態だ。
スルスルとハンドルを巻くと。
スイベルのすぐ上で飛ばされたリーダーが見えた。
他がギサギサになっているとか、擦れているとかは無かった。
ただ、一点にて、グサリと切れているのみだった。






すぐさま、新しいルアーに換えて投げたのは言うまでもない。
もう、遅すぎる感じはまだまだ漂ってはないのだけど。
やっぱり、再び魚が反応する事は無かったのである。





何ヵ月も前の事なのだけども。
きっと、あまりに悔しかったのだろう。
こうして、まだ、しっかりと覚えているのだ。


とても、キツい最中ではあったが。
この日があったから、再び、魂に火が宿ったのだろう。
勝負には負けたが。
きっと、海の仏が与えてくれた光であったろうか。





それでは












底物

12月1日、2日の日記









仕事中、歩いていると、股、そして、脚のつけ根あたりに激痛が走る。
いよいよの時が来たか。
続く痛みに、過去の事故が甦った。
いずれは出るかもと言った、医師の言葉が脳裏を巡る。



そんな日々であったが。
連休が明日に迫った夜半、南紀特急に乗り込んだ。
はたして、どれだけ出来るのか。
地磯歩きの途中、もし、動けなくなったなら・・・。
不安は尽きない。
しかし、行く。
悩みながら車を走らせた。





尾鷲まで来て、エサ屋に立ち寄った。
ふと、見ると、KN氏の車が駐車場の片隅に停まっている。
そこからしばしの間、自身は買い物に熱中した。
なぜなら、経験の無い事、知らない物を選ぶ為に。
この二日間、どこかのタイミングでやってみたい釣りがある。
それは 「底物」 であった。
あくまでも、生餌を使った釣りであり。
代名詞の石物狙いではない。
いわゆる、ライブベイトやデッドベイトにて。
フィッシュイーターを狙いたかった。


何度も売り場の中を行き来して。
結局、小一時間の時間を要した。
分からないが故、シンプルな仕掛けを考えてみる。
ワイヤーに関しては、まずは使わない方向でと思った。

店を出て、KN氏の車の窓ガラスをノックする。
眠っていた様で、申し訳なく思ったが。
互いの予定を確認するのだった。
氏もどうやら、腰が良くないらしく。
南紀まではちょっと・・・と迷っていたらしい。
私は磯歩きが不安な事、そして、エサをしたい事を告げた。
渡船使用を提案させて頂くと、快く、快諾して下さった。
自身の生餌の確保の為、深夜営業のスーパーを巡る。
幸運な事に、ほどほどの大きさのムロアジを。
それも、半額にて買う事が出来た。
足りない時を考え、大き目のアジも二袋ほど用意する。
朝までの数時間、パーキングにて仮眠をとり。
お世話になっている、渡船屋に向かうのだった。











平日ではあるが、良い時期となって来た様でお客は多かった。
その、殆どの方は、グレ狙いの上物の方々である。
僅かだが、石物の方もいらっしゃる様だ。

まず、悩んだのは、どの磯に乗せて頂くかである。
KN氏の釣りは、今回はカゴ釣りなのである。
私の釣りと、はたして、同じ磯で両立が出来るのか?
それが、問題であった。
おそらく!? と思う磯は二つ浮かんだが。
それに、自信は無かった。
よって、素直に船頭に相談させて頂く。
「その、どちらでも良いよ」 と有り難いご返答であった。
ルアーの事も考え、自身の好きな方の磯に乗せて頂く事にした。





















20151126_114459




























数日前、中古購入したもの。
分からないから、石物用をとりあえず。






















20151125_183559
























20151125_184558
























20151125_203447
























20151125_204504
























20151125_211129















リールの方も思いつきで。
こんな事を施し、ついでに、左巻きへとかえてみる。
(願わくば、40号錘を遠投したかった為)











予定通りに磯へと乗る事が出来た。
まずは、ルアーにて探ってみたいところである。
KN氏は餌のオキアミを準備したりと、結構、大変そうであった。
自身はまず、青物を意識して表層から。
何も無い為、レンジを落として行く。
それでも、何もないので、根魚を狙ってみる。
水色、潮ともに良くは見えるのだけども。
これが、サッパリ当たらない。
よって、なんちゃって底物へと移行する。




仕掛けが出来上がり、待望の一投目である。
何とか、10メーターほど先へと投げ入れる事が出来た。
底を取り、糸フケを巻いて思う。
なんと、みるみる内に手前へと流されてしまうのである!
ルアーの感覚からすると、手前に当てる潮なのは確かだが。
それほど、目立った当て潮ではないはずだ。
しかし、40号の誘導仕掛けは、瞬く間に手前に寄ってくる。


どこか、止めておける場所は無いか?
そう思い、何度か投入位置を変えていて。
糸フケを取った矢先であった。
いきなり、物凄い力で引き込まれたのだ!
もう、舞い込むとか、そんな感じではなかった。
あわや、ノサれそうになりながら、やっとの事でアワセを入れる。
その後は、もう、がむしゃらになって巻いた。
水深がある故、なかなか上がってこない。
途中、一度根に入られたが、テンションを軽くかけているとすぐに出た。
やがて、水面に姿を現したのはオオモンハタであった。
初めてではない魚なのに、やたら、テンパる自身。
タモを持って駆け付けてくれたKN氏に向かって。
「早よ すくわんか!!」 の暴言まで飛び出す始末。

(すみません、KNさん 本当に助かりました。)


焦りまくり、フラフラと情けない姿であった。


























1449001866748





































KNさん、撮影まで・・・。
誠に有難うございました☆



























20151201_085052















良いサイズでもあったが、いかんせん、ルアーとは違う気がした。
気のせいかも知れないのだが。
喰ってからの、何か、勢いが違う。
いくら、油断していたとはいえ。
強い青物たちとも渡り合ってきた自身。
一瞬、怖くなるほどの勢いであった。
強烈な何かを私の中に残した。






その後、自身は夢中となって釣りを続けた。
依然として、強い当て潮には苦しめられたし。
とうとう、避けては通れない、ウツボの猛攻を受ける事にもなった。
コイツがとても気忙しく、仕掛け投入後、すぐに当たる。
放置すれば根に入られるし。
良くて、仕掛けをぐるぐる、ボロボロにされる。
何度かは素バリで返ってくる事もあって。
ぎこちない手での手返しには本当に骨が折れた。
一度、ボーっとしていると。
ウツボとは違う感じで穂先が叩かれ、くっと押さえたかと思うと。
水面まで竿が入って、舞い込んだのである。
走り寄った頃に、ガクンっと竿は戻ってしまった。


一方、KN氏には早々に良い魚が掛かった。
魚は強く、粘りのやりとりで応戦するも、オーバーハングに入られて獲れなかった。
潮も変わり、我慢の時間が長く続いたが。
場所を変えて、アタリを取り戻されていた。
大型のサンノジをも、ものともしない、パワーファイト。
サンノジ好きの私は何枚かを頂いた。
うまく、下処理さえすれば、なかなか、美味な魚であると思う。
二人共、しっかり、釣りをして帰港。
瞬く間の一日であった。

お世話になりました、KN氏。
誠に有難うございました。














二日目




どうしても、どうしても、気になる海があった。
何か予感がする!
胸騒ぎが止まらない。


前日、現地で更なる道具の追加をして。
スーパーを何店舗も回って、良さそうなエサも買い足した。
おそらく、潮も予想通りのはず。
身体の不調など、どこへやらだ。
気合いを入れて、渡船屋の扉を開けた。








出船後、船頭はまっ先にその磯へと舵を向ける。

「波上がるから、昼までや!!」

そう、罵声にも似た声でマイクに叫ぶ。
船は大きく揺れ、とても、まともには立ってられない。
やがて、船首はその磯へとつけた。
憧れ続けた磯、荒れ狂う波の中、ポツンと小さく浮かぶ僅かな岩がそこにはある。

「乗るか!」

正直、私はビビった。
この怖さ・・・。
あれは、初めて乗せて頂いた。
大荒れの中の 「沖ノ三ツ石」 と同じ感情だったかも知れない。

結果、一秒か二秒か、考えて首を横に振っていた。
ここに乗りたくてきたはずが。
脚が前に出なかった。
三人の上物師、お一人の底物師を乗せ。
船はいつも通りのルートへ向かう。


























20151202_070924



























まともな、道具などはない。
お恥ずかしながら、ピトンの固定にはジグをねじ込んだ。
突っ込まれたら、竿受けから竿を立てる事も難しいだろう。






















20151202_101244















ジグでのライブベイト、食材の確保にも挑戦。
感覚が最早、おかしくなってきていて。
このサイズの魚でも、エサとして、大きいとは感じなくなって来た。
元気に泳いでいても、いつの間にか、ウツボの餌食になってしまう。
グレの方と仲良くなり、コッパグレを数匹、エサとして分けて頂いたりもした。
この日はムロアジの他、メジカ、ウルメイワシなども使用したが。
アジに換えると、ピタリとウツボの当たりさえもが遠のく。
はたして、本命も好まないエサなのかは不明である。





















20151202_101656















赤ではないが、充分に美味しい魚。
鍋用にキープさせて頂いた。























20151202_141518















結果、本命のアタリらしきものは皆無であった。
お土産として、彼らを持ち帰る事に。


私が臆して乗れなかった磯で。
この日、素晴らしい九絵の釣果があった。
今も、あの、一人の底物師のシルエットが脳裏に焼き付いている。
今後、経験を重ねて。
臆して退く事のない様に精進してまいりたい。






次回は初の単独遠征のエピソードを記したいと思う。





それでは








  • ライブドアブログ