漁港

日常的な釣り

2月24日、25日の日記














自身の中でですが。
釣行地について、際限を定めています。
あそこより向こうは。
たとえ、釣れていても、行かないでおこうと。

狭い狭い、フィールドでも。
全く海が分かっていない自分。
おそらく、行動範囲を広げるほどに。
釣果情報に依存してしまうだろうと思うのです。

磯青物に限らず。
その時々、狙ってみたい魚があります。
持てる道具を全て積み込み。
現地で海を感じて、それに合わせようと頑張る。
そんな、自由でいて、難しい試みに熱くなってしまいます。


海況が分からないからこそ。
自分で見に行く。
楽しい楽しい、自身の日課なのです。































20150224_073711















初日の朝はこの磯へ。
私のアプローチでは魚の気配を感じる事はありませんでした。
眩しい朝の陽が気持ち良い。


























20150224_082515
















新調したパーツを組んだそれを撮影しました。
それほど、どうにもならない感じでした。




























20150224_172026
















しっかりした睡眠の後、あまり立たない磯へと向かいました。
写真だと静かに見えますが、強風と速い潮流にビビリます。
時折、波が磯を洗うので、滑って踏ん張る事も出来ません。
やれる限りの事を試しましたが、反応を見る事は叶いませんでした。





























20150224_195022
















夕食を済ませ、ゆっくりと休憩してから漁港で竿を出しました。
ここに来て、もう、何年も経ちましたが。
日中、凄い光景を見るのでした。
尺をゆうに超える、メバルが楽しそうに浮いているのです。
少し巡っただけで、10匹ほどの個体を確認しました。
しかし、ルアーに反応はしない。

陽が落ちれば、もしかしたら?とチャレンジしましたが。
見える範囲にその姿はありませんでした。
いったい、どこへ消えてしまったのでしょうか!?


珍しく、風も微風で。
気温も比較的に安定している。
アリかな!?っと思い、久々に烏賊を狙いたくなりました。
しかし、車内を探して唖然・・・。
エギのケースごと家に置いてきてしまったのです。
あるのは、いつからか床に落ちていたエギが僅かに一つ。
それも、変化球的なモデル。


本当、手先の違いだけで奮闘しました。
合わせて行くのに必死です。
























20150224_213610
















美味しそうなケンサキも釣れてムフフです!
難しかったので、時間を忘れて竿を出してしまいました。
気が付けば真夜中。
なんだか、あくる朝に起きれる気がしません。

































20150225_100629
















やはり、6時を回った頃にしか起きられませんでした。
特に、強い想いがあるわけでもないので。
磯には下りませんでした。

夜に一生懸命になった場所も何もなく。
ぼーっとしていて、ふいに思い出しました。

私の大好きな烏賊があるかも知れないと。
そう思えば、すぐ、そこに向かいます。
時合なんて気にしない(笑)
やっていれば、そのうち、彼らのお気に召す時は来るのですから。




画像にもあります様に。

自身は大の 「カミナリ」 好きです。


思う場所にて。
こうかな!?っと思ったアプローチにパチッと出る。


たまりません!!



























20150225_101136










































20150225_101143
















いつか、考えていたメソッドで。
嬉しい、嬉しい、追加がありました。
シャッターも連写モードです(笑)

私の中では、とても、繊細な竿捌きを用いましたので。
自己満足度はマックスとなりました。

やったね~!!



















20150225_190653
















帰宅途中にアジ場所へ。
極寒の中、小さくアタッたのは真冬の救世主さまでした。
速攻でシャッターを押して逃がしました。














釣行地の様々な海へと立ち。
出来る限りの釣りをしてみる。


本当に楽しいです。











それでは
















冒険に。

1月14日深夜~1月15日午前まで













青物熱が湧き上がってこない。






釣れないからか、寒くて仕方がないからか。
それは、自身にもよく分からないのである。
こと、ブログとして思うならば。
致命的な事だろうか。
しかしながら、ビンビン来る何かが無いのだ。
勿論、釣果情報が無い訳ではない。
季節ごとに適した場所へと行き、適した釣り方をすればあるのである。
何となく、私自らが 「回遊魚」 にはなりたくないという気持ちなのだ。
ともかく、釣りには行きたいが・・・何か違う。







そんな折り、先輩や仲間たちはご自身の釣りを求めておられた。
その一つに。
オフショアでの 「イカメタル」 ゲームがあった。
お話を聞くほどに。
何とも魅力的な釣りだと思う。
何より、楽しそうだし、とても美味しそうではないか!!
釣りたてのアオリも美味しいが。
他の烏賊もまた、歯ごたえ良く、甘みがあって酒がすすむ。



しかしながら、即、ではオフショアへ! とは行かないのである。
道具も無いし、自身はめっぽう船に弱いのだ。
すぐに酔ってしまう。




ならばである!

陸から狙う他はない(笑)


今まで、さんざん、歩いて行けるところを彷徨ったではないか!!



少しずつ、色々な釣りにもチャレンジしたじゃん。




とにもかくにも、海へ行かなければ始まらない。

南紀特急と足にて。



魚(イカ)を探してみようと☆
























仕事、大切な用事があるので時間は限られる。
当日の夜中、次の日の早い時間帯にしか時は無い。
くしくも、釣り禁止となった場所に光明を見出してもいた。
月日が流れ、寛大なる地域の方々のご厚意により解禁となった様子であった。
半信半疑ではあるが、是非とも現地に赴いて確かめてみたいのも一つである。


そこは。
当ブログを始める幾年か前に。
ショアジギングにて、感動的なる釣果を得た場所。
ハタマスをはじめ、カマス、イトヨリ、チャリコなど嬉しい釣果があったポイントだ。
残念ながら、一部のお祭りムードな方々の為に。
閉鎖された場所である。

















現地到着は22時半過ぎ。

まずは、ありそうなアジを求めてみる事にした。
勿論、場合によってはナイスなメバルにもアピールしてみるつもりだ。






半ば予想通りか!?


全くもって、アタリが無い!!




愛車に無理を言って、何十キロもランガンで走らせてみたのではあるが。
その、どこにもアジの姿を見る事は無かった。
唯一、護岸の角地。
まるで潮が動いていないそこにて。
子メバルのバイトに癒される。
越冬メッキの姿も無く、気が付けば午前3時を経過していた。
漁港の片隅に車を停め、就寝する事に。
















あくる朝、向かったのは、閉鎖されていた場所。
正に 「されていた」 といった感じ。
思惑通り、障りは今は無かった。


あの、シモリは今もまだあるだろうか!?


当時とは全くもって、タックルバランスも違う。


それでも、反応してくれるだろうか。


































20150115_090624
















やっぱり、そこに魚は着いていた。


やったね!!




嬉しい嬉しい、数年ぶりの出会い。
地域の方々に感謝が溢れてくる。

潮もろくに効かず、我の都合で竿を出したのだけど。
それでも、この子は果敢にアタックしてくれた。

撮影後、暴風雨、雷となり。
しばしの中断。
その後も風で沈まないので場所を変えた。



















ひたすらに裏を求めて小移動を繰り返した。
風はまだいい。
地鳴りを伴う雷鳴が響きわたる。
しかし、タイムリミットは刻一刻と迫って来る。



豪雨、風。


思えば、数年前の記憶が甦って来た。
最期にあそこに立ちたい。







沈ませたジグを弄ぶ様な違和感アリ!





もしかして・・・っと竿を立てる。





























20150115_101353
















本当に嬉しかったです。



何でジグに来るの!?



昔、確かにそういう事がありました。






足下から水深は破天荒。

だからこそ、ジグを用いてのアプローチ。

餌木では時間が無い・・・。













きっと、運が良かっただけなのだと思います。

僅かにこの時、ヤリヤリの群れが底をかすめていたのでした。

二杯を追加した頃には群れは遠ざかり。



貧果のままで幕を閉じたのです。











貧果とは、良く釣られる誰かを思っての言葉。

私にはもう、充分すぎる、有り難い釣果です!!










自分なりに魚を夢想して。
釣れたならば。


こんなにもときめく事はないでしょう!?













それでは














小物探し

8月5日夜~6日の日記。












遠くの台風の影響で。
磯に立つ事を躊躇いました。
おそらく、場所さえ間違わなければ。
立てない事は無いとは思います。



しかし、そこはアレです。
私だって、人並みにおっくうになる時があるのです。




一週間の中での貴重な休みを全て投げうる事。
この暑い最中では、ただ、じっとそこにいるだけで疲労する。
磯以外の選択肢も沢山あろうかと思うのですが・・・。
どうにも、力がみなぎっては来なかったのです。




それでも、釣りはしたい。

よって、気軽に行ける、比較的に近い海へと行ってみる事にしました。
一日目の休みを自宅にて満喫し。
いよいよ!という時間帯に出発です。














狙いは、豆アジとカマスであった。

否、豆とは言うものの、出来れば南蛮漬けで美味しいサイズだと有り難い。
とある方面の沖では、良いカマスが獲れているとのお話。
漁港等のショアラインにも無いかな?って思惑である。










紀伊長島あたりからランガンして行くも。
全く、自身がその息吹を捉える事は無かった。
暗闇の中の海は悪くない風である。
おそらく、カタクチと思しきベイトはどこでも見られた。
蟲の類も外灯によっては垣間見る事が出来る。
しかし、肝心の魚の姿は無い。


結局、巡り巡って、自身の好きな漁港へと辿り着いた。

ここで無いなら諦めよう。

私の中での一つの尺度となる場所である。





結論として。

アジはそこにいた。


だけども、私の未熟なそれに反応は無かった。
サビキの方には釣れていた様子である。
20分か、30分にやっと一匹。
手返し良く、コマセをどんどんうって尚の釣果である。
アジのライズはあるのだ。
それは間違いなく、アジの生むものであった。
しかし、ルアーには反応してくれない。



潮が変われば、もしかしたらチャンスはあるかもしれない。

そうは思った。

けど、もう、瞼が重くて重くて仕方がないんだ・・・。

パトラッシュ・・・・・・。





釣りを諦めた瞬間である。

















翌朝は7時頃に起床。

涼しい風が吹き、パーキングにとめた南紀寝台特急はすこぶる快適だった。
さて、どこへ行こうか?
より、南下すれば、昼間のエキサイティングなターゲットの可能性はあるだろう。
自身が大好きな、南方系の幼魚とガチンコバトル出来るやも知れぬ。
ブウンっとひた走ればすぐそこなのだけども。
それではアレ過ぎると止めておく事にした。
大きく戻り、入り組んだ湾を探ってみる事にする。










幾つかの場所を巡ったが。

なかなか魚を見る事は叶わなかった。
嬉しかったのは、立ち入り禁止となっていた場所がそうでは無くなっていた!?事。
正確なところは分からないのだが・・・。
以前にあった通せんぼも。
釣り禁止、立ち入り禁止の看板も無かったのである。

地元の餌の方がコッパを釣ってみえたので。
私もお邪魔させて頂いた。
釣果こそ無かったが、荒ぶるシオの激しいバイトを見る事が出来た。
おそらく、タイミングさえ合ったなら。
その、ディープからは素晴らしい高級魚が出るやも知れない。
機会があるならば、改めてタックルを揃えてジギングをしてみたいと思った。






場所を変え、釣りを変えて。
一応、目当てのカマスには辿り着けたのだけど。
そのサイズは正に 「鉛筆」 であった。
きっと、丸干しにしたら美味しいに違いない!
しかし、可哀想で仕方ない。
傷めない様にすぐにリリース。


そして、いよいよ気が付くと伊勢まで来てしまっていた(笑)

釣り終了である。





























20140806_115344













美味しいと評判のカフェにて。
名物のドライカレーを頂きました。






























20140806_160240













その後は魔界をさ迷いました。

共食いしてくれんか!!っと二匹を捕獲。




























20140806_160334












































20140806_160832













この子もお安かったです☆












その後、某店の中古コーナーにて出会いが。



約20分、微動だにせずにそれを手に取って悩みました。





考えて考えて、悩んで悩んでした挙句。





BANKに猛ダッシュでしたね。










帰宅後の南紀特急の総走行距離は360キロ超でした。


南紀行けたじゃん!!








楽しかったですが、ビッグゲームが恋しかったです。





それでは
















久々の三重アジ

7月4日の日記









無性にアジが釣りたい!


そんな気持ちで、
Taka氏に連絡すると彼も同じだったみたいです(笑)


「今晩行こう!」 と氏


流石の行動力ですね~
自身には珍しく、仕事帰りに釣りに出かける事にしました。















とはいえ、今年の三重のアジ事情はとても厳しい様子。
通ってみえる方々もなかなか出会えないそうです。
そこで、アジングエキスパートである、T氏に相談してみる事にしました。
魚が居る方面だけでも教えて頂こうと
流石のT氏。
すぐに情報をお伝え下さいました。
誠に有難うございました。
















今回の狙いは豆アジ。
行く方面だけは決まりましたから、好きな場所をランガンで探って行く作戦です。

第一ポイントに着くとベイトっ気はムンムン!
カタクチの稚魚でしょうか!?
豆にはいささか大きいですが、大アジも視野に入れてキャストしてみます。































20140704_212523













釣れてくれましたのはムツっ子。
足下の根でのヒットでした。



細かいアタリは有りますが、なかなか乗ってはくれません!
悔しいので必死になってやっていますと。
極小の 「金魚」 が釣れました。
ダメ!
即、移動です。










その後、二か所目にして、Taka氏がアジを見つけました。
急いで駆け寄ると、魚っ気がかなりあります!
ライズしているのは、エンピツカマスでしょうか?
とにかく、すぐに調査であります。












ここでも、アタリはあるのですが・・・。
どうやら、アジとは違う様子です。
すると、カマスが釣れてくれました。


確かにアジは居る。
しかし、ルアーには反応しない。
パッと見で見えるベイトは居ない。
うーん。




しばらく、海を眺めていますと。
ある事に気づきます。
アジと思われる魚は、どうやら、下から凄い勢いで何かを喰い上げている模様です。
もう、オジサンだから、暗い街灯の下では細部までよく見えません
じぃぃぃーっと凝視してやっと分かりました。
喰っているのは・・・。




















2センチにも満たないバチ!











それからは、二人で、この難解なパターンを攻略するのに躍起となりました。
うーん、難しいから燃える!!




































20140704_230922













やったね!!(笑)

いやいや、マジで超嬉しいんです。

バイトを得るまでは結構早く出来たのですが。
喰い込ませるのが超超ムズカシイ。
やっと、良い感じを得ていくつかを追加しました。












面白かったです。

Takaさん、また行きましょうね







それでは






My Tackles

Rod  THIRTY FOUR Advancement PSR-60
Reel  DAIWA 12  LUVIAS 2004H 
Line  THIRTY FOUR Pinky 620g
Leader  DAIWA FLUORO #1.25














台風ィングⅡ

10月25日の日記










前回の釣行で見つけましたベイトの群れ。
釣れたサバの引き。
そして、その美味しさ!
もう、いてもたってもいられません。



二日経つがまだ居るだろうか?
行って確かめる以外にはありません。




そしてまた台風がやって来ていました。
釣りが出来るかどうかも博打です。
この日は休みでしたので、夕方から家を出る事にしました。


















道中の雨は降ったり止んだりといった感じであった。
さすがに風がきつく、高所ではハンドルを大きく取られるのだった。
事故を起こさない様に慎重に進む。








コンビニに車を停めた頃には雨は止んでいた。
氷と飲み水を持ってレジに並ぶ。
勘定が済み、外に出た直後に土砂降りとなった。
もしかして、雨は無いのでは?
そんな希望はものの見事に消え失せる。
今日も厳しい釣りになるだろう。
覚悟をして現地へと向かうのだった。















ポイント付近に南紀特急を停める。
強風で車体が揺られている。
少し歩いて海を見る事にした。
ヘッドランプを灯すと海は濁っていた。
大きな白い塊が膨らんでいるかの様だ。
何か、静かなのがよけいに不気味であった。



期待していたベイトの群れは無い。
この濁りのせいだろうか?
半信半疑のまま準備をして釣りを始めた。














この日の為にいくつかの品を買ってきたのだった。

まずはルアーである。
先日、私にはベイトが赤と金色に見えた。
よって、赤と金が散りばめられたものを選んだ。



もう一つはジグヘッドである。
ここのところ、0.8グラムのそれで通す事が多かった。
自身には器用さも鋭い感覚も無い。
ともかく、慣れて慣れて、身体でそれを覚えるしかなかった。
ゆえに、ほぼその号数のみで毎回の釣りをしていたのだった。



だが、今回はその縛りを解く事にする。
やっと、人並みに釣果を得られる様になって来たのもある。
しかし、本当の理由はそれではない。
その速さが必要だと考えたのである。
リーリングによるのではない、負荷を与えた際の自然な速さが欲しかった。


ベイトが見えない今、まずはジグヘッドのみを新しくして始めた。































P1030048













手探り状態でしたが、
底付近にて何とかアタリを捉える事が出来ました。
お魚さんが居る事が分かってホッとしました。






























P1030049













続いてきたのは、ムッツリさんです!
何かしらのベイトがボトムに居るのかも知れませんね。
楽しいです。





























P1030051













カッという鋭いアタリの主はサバフグさんでした。
かなり、重たく引きますよ!

おそらく 「シロサバフグ」 だとは思います。
中毒もなく、とても美味しいと釣り人には評判ですね。


しかし、本当に安全かは私には分かりません。
黒潮の影響を受けるこの海域では、南方系の魚が居ても不思議ではないからです。


「ドクサバフグ」



海外にはよく似た姿で毒を持つサバフグが居るそうです。
よく知った方に見て頂くのが安心かと思います。



沢山釣れたのですが、海にお帰り頂く事にしました。
















ポツポツと釣果を得ていると急に風向きが変わった。
そして、叩きつける様な雨が打つ。
「いよいよ」 な様相へと海は変化して行く。





この頃から波が護岸を超える様になって行った。
うねりではなく、風で立った波があらうという感じである。
自身のものさしではまだやれると判断。
これ以上となれば即撤退と決めた。









とはいえ、その雨風は生半可なものではない。
ショートロッドではあるものの、真っ直ぐに持っている事さえままならないのである。
そして、時折、吹きつける突風の威力。
これには立っている事さえ難しかった。
そんな中では、ゴアテックスの合羽も無意味であった。
ずぶ濡れになりながらしゃがみ込み、ただただその時を待った。





それは、一瞬訪れる静けさである。
不思議とピタリと風が止む。
そんな時があるのだ。

その瞬間に釣りをする。
探れてだいたい、2~3キャストだろうか。
僅かの間でどこで喰うのか見つけなくてはならない。
真剣勝負、それがまた面白い。











更に時間が経つと海がまた変わった。
ざわざわとした気配が辺りを包む。
まさに文字通り。
どこからともなく、あのベイトの大群が辺りを埋め尽くして行った。
あちこちで立つ水飛沫!
食物連鎖の熱き戦いが幕をあけた。












とはいえ、投げれるタイミングが僅かなのには何一つ変わりはない。
限られたチャンスで検証した。




新兵器のルアーへと移行すると狂った様にバイトする時があった。
これに一つ満足する。





ジグヘッド号数も比べてみた。
やはり、ほぼ倍ほどにしたそれとは格段の差があった。
また一つ満足する。






アクションパターンも探った。
その違いもまた顕著であった。
泳層を変えると釣り分けができた。
同じパターンでレンジを変えるのみだった。


その全てがたまらなく面白い。

































P1030055













魚たちは沸き続けていました。
しかし、風が止む事が殆ど無くなって来たのでした。
ずぶ濡れで寒さも限界に達していました。

悔しいラインブレイクが何度か。
もっと大きな奴もいたのでしょう。
底で掛けたヤツには全く手も足も出ませんでした。







またいつの日かこの興奮を。
それでは






My Tackles

Rod  THIRTY FOUR Advancement HSR-610
Reel  DAIWA 13 CERTATE 2004CH  
Line  THIRTY FOUR Pinky 620g
Leader SUNLINE BLACK STREAM  #1.25






  • ライブドアブログ