Offshore

春イカ探し

4月24日の日記








大幅に更新が遅れております。
面倒ですが、振り返る時があればと。
今更ですが書きます。















何かと忙しく、出発が出来たのは昼前であった。
比較的に近場の親烏賊を探してみたい。
途中の高速では確か、大きな事故があったと思う。
数珠つなぎの渋滞に車は動かない。
やっとの事で抜けて、買い出しをして海へと着いたのは13時頃だったろうか。
やけに暑い日であり、歩き出してすぐに長袖を脱いだ。
Tシャツ一枚でもまだ暑い位である。
ともかく、どこで烏賊に会えるかが分からないので。
まずは気になる磯に入ってみる。

























20150424_122628 (2)













初めての場所で勝手が分からなかった。
はたして、烏賊はそこに居るのだろうか?
他に釣人もおらず、まぁ、やってみるしかない。














二時間近くやってはみたが、手がかりを得る事は出来なかった。
少し移動して、ヤエンの方がちらほらと見える方面へと行ってみる。
しかし、どうにも水深がありすぎて。
自身の思う、春の釣りがやれそうにない。
マズメの回遊狙い!?
私的にはそんな印象であった。
かなり癖のあるヤエン師が来て、やたらと他を勧めてくれる。
聞けば、あと、三人来るからって。
言われなくとも、移動しますよってね。

























少し車を走らせてみた。
色々と教えて下さる、同市にお住まいのK氏のアドバイスを思い出す。
「良い時期になれば、沢山の方がおみえになりますよ。」
そんな、場所に向かってみる事とした。
ポイントに着くと、お一人、餌木をされてみえる。
快く、隣へと立たせて下さった。
有り難い。




その彼の目の前、藻の切れ目に。
どうやら、雄、雌、それと小さいオスが姿を現した様だった。
あまりの雄の大きさに興奮している彼。
手招きされるので見てみると。
あぁ、余裕で2キロはある。


彼はそのグループに果敢にアプローチ。
自身は藻の穴狙いで遠投。
気忙しく、ねっとりと狙う事が出来ないでいた。
何故か?
夕方より、他の釣りに誘って頂いていたから。
いつも、お世話になっています、W氏から沖釣りのお話を頂いていたのだった。
もう、興味深々である!!
何とか烏賊からのコンタクトを得て。
気持ち良く移動したい。





ゆえに、穴狙いをした。
フリーで落とし込んで、底付近にて魅せる。
多彩なジャークを持っていない自身には。
他に選択肢が無いのもあった。
女の子に声をかける。
まぁ、いつも通りである。



























20150424_164934 (2)
















やったね!!


超が何個も付くほどに嬉しかったです。
触ったであろう、あの、僅かな違和感がたまらん!
女の子のソフトタッチが大好きです。










先行の方も。
この釣果にとても喜んで下さった。
それが、何より嬉しかった。
聞けばこの方、地元のアングラーであられるそう。
他所から来た自身にも。
とても、親切にして下さった。
出来るだけの感謝を込め、釣り場を後にするのだった。
目指すは港である。
















途中、大型の薬局に駆け込んだ。
船イコール、船酔いの自分である。
もう、酔い止めをガブ飲みである。
ちょっとお腹もオカシイが、トイレットにピットインしている間は無い。
ともかく、現場へと急いだ。














実はこの私。
烏賊しか考えていなかったものだから。
今宵の道具は持って来ていなかった。
狙いは。
沖のアジである。
そんな私に。
W氏は道具までもお貸し下さった。
とても繊細なタックルであり、申し訳ない気持ちで一杯だった。
船頭はO氏。
以前、ショアでご一緒下さり。
とても、親切にして下さった紳士である。
再びお会いできて嬉しかった。
しかし、感動に浸っている間は無い。
時合いはもうすぐだという。
船酔いに対する大きな緊張を胸に。
船は沖へと滑り出して行った。

















あまりに濃い釣りであったので。
手短に書こう。
まずはボトム狙い。
慣れない船、その水深にどうして良いか分からない。
何か触った様だけど・・・。
どうして良いか分からなかった。
向こう合わせで何かが掛かったが。
すぐに外れてしまう。
必死になっていると、お二人は大きなアジを手にされた。
自身もやっとの思いで。
掛かったそれを巻き上げてくる。
まぁ、当然なのかもしれない。
掛けていないから、ことごとく外れた。
ランディングしても、跳ねて海へと帰って行った。
まったく、何をやっているか分からない。










時が経ち、アジの行動が変貌して行った。
そうして、やっと、自分なりの釣りが叶う。
やっと、やっとの想いで握った魚に安堵した。
先程の時合いと比べれば。
大幅にサイズは落ちている。
それでも、ショアからは大満足の大きさだ。
何より、やっと、釣れたのが嬉しくて仕方がない。
本当、夢中になってキャストした。
なかなか魚に出会えず、悶々としている心が晴れて行く様であった。

























20150424_223703 (2)
















帰港後に撮りました。
最高でした。







苦戦、苦悩している私に。
先輩は素晴らしい機会を下さいました。





誠に有難うございました。















それでは













初体験

2月10日の日記














船からの
ルアー釣りをしてみたい。

どうにも、そんな気持ちが生まれる。










子供時代、父親に連れられて。
沖へと向かった事はあった。


昨今、流行のカヤックなど、まだ見ぬ時代の話である。




たまに見かけるのは。
リョービか何かの、小さい、黄色いボートが僅か。
それ以外の 「マイボート」 は殆ど無かった。


今思えば、父は先見性に優れていたのだろうか。



おもむろにディスカウントショップに出向き。
安価だが、とても丈夫そうに見える、アキレスの四人乗りを買ってきたのである。
それは、ゴムボートであった。









親子ともども、何も知らないままに初の航海。

運良くも、越冬ギスの溜り場を発見する事が出来た。
「ヒジタタキ」 をこれでもかと!得る事が出来た。

我々のその姿を見て。
遊漁船たちがそこで釣りをさせたし、一艇、また一艇と同じ様な船が増えて行った。

私にとって、親父はヒーローであった。














とはいえ、自身はその釣りの度に船酔いする。
湖畔の様な海面でさえ酔った。
船は底なしの可能性を秘めていると思いつつも。
その辛さに、いつしか、同行する事も無くなっていったのであった。










三重、南紀での釣りをする中で。
度々、昔の記憶が甦る事はあったのだが。
やはり、その辛さを思い出してしまう。

有り難い事に。
磯渡しの 「渡船」 では何とか踏ん張っていられた。
磯へと渡してもらう為、幾度となく魅惑的な海へと出たが。
その度、あぁ、ここで竿を出してみたら面白いだろうなと思う事があった。








おそらく、そんな想いが、少しずつ積り重なって行ったのだろう。
沖でルアー釣りがしたい!
それが、急加速をして行く。


















自分なりに少しずつではあるが、オフショアでの釣りを調べてみた。

実際に経験する前の事であるから。
それは、全くのイメージでしかなかったのだけど。
少しずつ知る程に。
やりたいという気持ちが増す一方で。
とても、抵抗を感じるというのが 「素直」 な気持ちであった。










所謂、船頭に釣らせてもらうという感覚。
独りで陸を駆けずり回って、少しずつ、少しずつ、自分が釣れる魚を探して来たから。
船に乗っても、せめて、その様でいたいと思うのだった。




そこで、気持ちと、手段が闘う。
昔の親父の様に。
自身の船を手に入れ、沖にと出れればどんなにか幸せだろう。

悲しいかな。

今の私には、その様な財力は全くない。






調べ行くうちに。
レンタル船というものの存在を知った。

紐解けば、かなりメジャーな釣りであり、多くの方が楽しんでみえる様であった。
安堵したのも束の間の事。

目指す沖に向かう事の出来る、船外機がついた船を利用する為には。
船舶免許が必要と知った。


今、思えば、当たり前の事だろう。

それでも、無知な私は気付かなかったのである。






それを知った時の落胆ぷりは。
目の前が真っ暗になる程であった。
オーバーだが、全くの事実である。
















ある日、仲間たちとのライントークにてその話をした。

南紀で知り合った、KN氏が言う。


「僕、持っていますよ!」 っと。


それは、稲妻を見るかのごとく。
光明、否、地獄に差し延べられた 「蜘蛛の糸」 であった。


そして、その頃から。

沖釣りに向けての道具を揃え始めるのだった。













前置きが長くなったので、ここから先は簡潔に記したいと思う。

中古中心で揃えたものの。
かなりの散財をしてしまった。

なにはともあれ、一つの新しい釣りの局面が開かれる。



































20150210_073050












































20150210_073735











































20150210_073044_1

































予想の水深は100メートル以上。

未体験の深さを求め、KN船頭に舵を向けてもらう。



っと、進行方向に海鳥の不穏な動き!!

ただ、座っているだけの私は。

いつもの目線でそれを追った。










静かに、地味に、潮のゆらぐその沖にてざわめきが見えた。


出る!


そう、予感して更に凝視する。
数秒後、ポップに弾ける様な飛沫が上がった。














まさかである!

おそらく、キャスティングは、まず無いのでは!?とタカをくくっていたのだ。

道具を揃いきれず、念の為に持って来た、レイジングブルは未だ竿袋の中である。



すぐさま、船頭にナブラの発生を伝えた。

おそらく、借りたのは俊敏なタイプの船ではなかったろう。
潮を見て、流れを計り、KN船頭が最短で近づく術を見出そうとする。
久しぶりの操船との事ではあったが。

何も分からない自身には、ただただ、感心するばかりであった。







僅かな時間で。
私にとって、絶好の間合い、タイミングを与えて下さった。





ショアで投げてきたそれより。
30mm ほど短い、お気に入りのルアーを出した。
結んだ先には、新しい、ジギングタックルがある。
スミスのデッドストックを安価で購入する事が叶った。



およそ、6フィートのその先にしっかと結んだ。


そして、いつもの様にフルキャストする!


間違いなのは、百も承知の事。

良いんだ。


僕の釣りはいつも、間違いからスタートしている。













2キャストの後、シュバッ!っとルアーが消し込んだ。

予想だにしなかった展開。












そうして、始まり。

一瞬にして、帰港の時間となったのである。





























20150210_120643











































P1030473



























無我夢中で糸を垂れた。

分からない全てが、キラキラと音をたてて輝いて流れて行く。



魚探は、深いそこを明確に映し出す事はなかった。





KN氏と二人。


文字通り、糸を垂れて、それで魚を探して行く釣り。






一生懸命になって。

やりきった。






まだ、やっと、扉に手をかけたばかり。

この釣りも、いつかの日を夢みて。













終わりに。




自身の釣りを我慢して、船頭に徹して下さったKN氏。

船酔いへの対策を丁寧にお伝え下さったKYN氏。





素晴らしい釣りを有難うございました。








それでは





















  • ライブドアブログ