底物

初のアブラ狙い

2016年 6月1日の日記









ホームに 「アブラ」 という魚がいる事を知ったのは、
もう、随分と前である。
よく乗った磯で、初めて、その名前を聞いた。
なにしろ、美味しい魚であり。
強い引き、釣り味の方も格別だとの事であった。
その数こそ少ないが、専門で狙う方もみえるという。
まだまだ、知らない、面白い魚がいるものだなと思った。



標準和名は 「フエダイ」 というらしい。
特に、西日本においては。
それら、土地独特の、呼び名が数多く存在する。
ましてや、この手の魚は種類も多く。
よく似た形であっても、まるで違う種であったり。
判別が難しい。
よって、自身は最初に聞いた 「アブラ」 という名前で認識している。


今回はそのアブラを狙ってみたい。






実を言うと、一足早くに、先輩のK氏がこの魚を手にされてみえた。
自身も狙ってみたいとお伝えすると。
快くも、詳細をお教え下さったのである。


夜の釣りがメインになるとの事なのだが・・・。
再三にわたり、言ってきたことではあるが。
私は夜の釣りがとても苦手である。
とにもかくにも、心霊系が恐くてしかたがない。
やってみたいが、いざとなると足が向かない。
磯に下りる段になって、引き返した事さえある。
それが、この魚を狙う事を遅らせた、最大の理由でもあった。



当日は昼過ぎに現地に到着する。
ゆっくりと前準備をして、明るい時間から磯へと向かう。
そうする事で、少しでも怖いのを減らそうという魂胆だ。
まずは、エサを購入する事から始める。
飲料水などの購入も済ませ、用意は万端なはずなのに。
やはりというか、その一歩が踏み出せない。
車で何度も周辺をグルグルして。
海を眺める。
明るい時間だけであれば、すぐにでも、鼻歌まじりで下りているけども。
本番は陽の暮れからであるから。
やっぱり、怖い。


そうこうしていると、天候も移り変わり。
強い南風が吹いて来る様になった。
すぐに波気が出だし。
強い潮流が生まれて行く。
これで、波まで気にしなくてはいけなくなった。
行きたい、行けない。
自問自答は二時間にも及ぶ(笑)
その間、知人にその胸中を電話する。
そして、また、葛藤するのである。
結局、釣りしたい気持ちが少しだけ恐怖を上回った。
海は荒れ、轟々とした波の音が聞こえる。
いざ、決めてしまえば。
それで怯む事はない。
大急ぎで磯へと下りるのだった。









なにぶん、初めての挑戦なのだから。
仕掛けと、エサに関しては半信半疑であった。
先に、クエから始めた事で。
仕掛けについては、そう悩む事はなかったのである。
ワイヤーや瀬ズレといったものも、もう、初めてではなかった。
ただ、はたして、それで釣れるかは分からない。


ある程度、遠投が必要かと考え。
瀬ズレの部分は竿の全長を踏まえ、極力、短めに作って来た。
ハリスにはワイヤーを使用して、気持ち長めにとる。
点在するシモリをダイレクトに狙ってみたいが故に。
針の選択には慎重になった。
よくある、タマン針の使用も考えたが。
より、ネムリの大きい針をメインと考える。
手にしたもので、サイズ、軸の太さなど、自身の感覚に合ったものは。
「キハダ針」 である。
他には、クエ針の方もいくつかと。
そういったものを組み合わせ、数セットを作って持って来た。
なにしろ、根ガカリは避けて通れそうもないので。
仕掛けや錘のストックは気持ち多めにする。


エサに関しては、これも、複数を少しずつ持って来た。
その日、その時々、きっと、好みは変わるだろうから。
反応を見ながら換えて行くつもりである。





私の中の夕マズメの時間帯だけ。
少しだけ、ルアーを投げた。
潮はガンガンに当てて。
ところどころ、渦になったり、鏡の様になったり。
今にも、どデカイヤツが飛び出して来そうなんだけど。
何にも起きなかった。
竿を置こうとすると、少し離れた磯へと。
お一人の方がいらっしゃった。
この方の存在はまさに神であった。
遠いが、とりあえず、人がいるのである。
たったそれだけで、オバケも出にくいだろうという勝手な判断。
ともかく、ちょっとでも安心出来るという。
メンタルの部分の話である。























20160601_174938














急いで、竿をセッティングする。
ただ、もう一本竿が増えるだけで。
きっと、可能性は二倍プラスαになるのではないかという。
浅はかな自身だ。
広い海ではあるが。
おそらく、魚はどこにでも居るとか、やって来る訳ではないだろう。
見えない海底を糸を通じて探り。
気になる部分へとエサを置く。
あとは、信じて、魚が喰らいつくのを待つ。
それが楽しくもあり、間違ってやしないかと。
自問自答の連続なのだ。








激震までには、そう時間はかからなかった。
何の前触れもなく。
一気に穂先が真っすぐになる。
ピトンはきしみ、更に竿は伸びて行った。
走って竿に駆け寄る。
無我夢中で大アワセを入れる!
ガッツリとした手応えを感じた。
そして、全力でリールのハンドルを回す。

強い!!

距離がある分、魚に少し余裕があるのだろうか。
まるで、根を縫う様にして走る感覚が伝わってくる。
時折、ラインがゴリゴリと擦れたり。
根か穴に張り付いたりして。
巻けなくなった。
止めていたり、ラインをやったりして。
動き出すのを待った。

そんな事を繰り返し、とうとう、足下まで寄せて来る。
暴れる魚。
持ち上げようとすると、意外な重量感であった。
もう一度、水面へと戻し。
一気に抜く。






















20160601_180730





































20160601_180736





































20160601_180745
















感激である!!

まさか、釣れるとは思っていなかった。
なんとなく、その姿を見て。
恐竜っぽいなと。
そう思ったのを、今でも覚えている。
まだ、明るい時間によく見れた事が幸運であった。










もしかしたら、時合いかもと。
そんな風に思う。
どこかから、群れで巡っては来ていまいかと。
急いで、エサを付け直して。
先ほど投げた方角に向かってフルキャストをした。
まさかである。
投げ直したその竿に。
再び、激震が走ったのであった。


竿にたどり着く間もなく。
曲がった竿が反発力で跳ね返って。
ガクガクと揺れている。
一瞬の事で、何が起きたのか分からなかった。
急ぎで竿を手にすると。
まったく、抵抗が無くなってしまっている。
すぐに回収して息を飲んだ。
まさかである。
ワイヤー製のハリスは。
無残にも、途中で引きちぎられてしまっていた。
エサを付け替えた際、傷みはよく確認したはずであった。
本当、とんでもないヤツがいる。






しばらく間を置き。
今度は、もう片方の竿に反応が出る。
ガツン、ガツっと。
叩く様に当たったかと思えば。
少し間を置いて、一気に突き刺さって行った。
この感覚、やみつきになる!


























20160601_185825
















たまたま、最高の日に当たったのかも知れない。
陽が落ちる前に二枚も。
ブチ切られてから。
両手、両足ともガクガクと震えを繰り返している。
恐怖にも似た気持ちと。
単純明快なる興奮。
これから、夜を迎えるとどうなるのだろうと。
様々な感情が交錯し、目が霞む様であった。





更に打ち返して行く。
怒涛の勢いはおさまり、何もない海に戻っていた。
時折、ケミホタルを揺らすのは。
小型のウツボが悪さをするくらいの事。
いよいよ、日没の頃となって。
得も言われぬ、違和感を感じる。
もしかしたら、誰かにずっと見られている様な感じ。
最初、気のせいだろうと気にしないでおいたが。
どうにも、変な感覚がする。
ふいに、少し上の方に目をやって。
驚いて、声を上げてしまった。
二度見して、更に恐怖は増し。
腰が抜けそうになる。


普通はあり得ないと思う。
まさかの場所に。
男が独り、体育座りをしてぼんやりと空を眺めていたのである。
そこは、断崖絶壁という言葉がピッタリの場所だ。
一般的に人が降りて、僅かのスペースにしゃがみ込む事なんか・・・。
はたして、あり得るのだろうか!?
とりあえず、足がある事はこの目で確認は出来たけども。
服装はそこへ行くには・・・軽装すぎるし。
なにか生気が無くて。
青白い、うつろな顔をしていた。
生きている人であれば良いのだけど。。。






















20160601_191004




























夜と呼べる時間となったが、アタリはまったく止まってしまう。
どんどんと、風は強まり。
海も更に荒れだした。
もう、怖いのは通り越した感がするので。
粘ろうかとも思ったけど。
急いで、クエ師も片づけを始められる。
そして、すぐに撤収をされて。
やっぱり、なんだか上がった方が良いかもと。
竿をたたみ、最後にストリンガーを水から上げるのだった。






















20160601_201530
















本当、運が良かった。
初にして、素晴らしいアブラを手に。
K先輩、詳しく教えて下さって。
誠に有難うございました!

やったね!!












次の日、無理を言って、様々に料理してもらった。






















20160602_192646
















おそらく、自身が食べた 「白身」 のお造りでは。
最高峰だと思う。
上質な脂が口の中に溶ける。
いくら食べても全く嫌味が無かった。





















20160602_192637
















簡単に塩で焼いてもらう。
だけど、とんでもなく美味い。
一気に晩酌が進む!!





















20160602_192626




























煮付けがまた最高なのである。
この浮いた脂が物語っているかもしれない。
けれど、しつこくはない。
最後、これでしっかりとご飯を食べて。
最高の夕食は過ぎて行きました。






また、出会える事を願って。


それでは












半夜とルアーと。

2016年 5月25日、26日の日記






夜の磯で狙ってみたい。
そんな、欲求が膨らんではいたものの。
なかなか、一人では動けなかった。
夜の海が自分は怖いのである。
とにもかくにも、心霊系が怖い。


思い悩んでいた頃、KN氏も釣りにいかれるとの事であった。
怖いので、ご一緒してくれませんか。
快くご返事下さり、この日の釣りが叶った次第である。






残念ながら、当日は雨であった。
波も出てきている感じなので。
安全面の方でも気をつけなければならない。
本当は夜を通して狙ってみたかったのだけど。
しとしとと降る雨は肌寒かった。
まだ、明るい頃から入り、ほどほどの時間まで・・・。
持っていくエサは三種。
タックルも狙う魚ごとに二つを用意する。
荷物がとても重い為、今回は最小限、エサも道具も控えておいた。






















20160525_170610



































20160525_170617




























そんなこんなで、17時頃にセットが完了した。
暗くなるまで、まだ、少しあるなと。
楽な気持ちで第一投を底に置いたのだけど。
それは、こちら側の勝手な都合であったのだ。
予想に反し、しょっぱなから海に向けて竿が絞り込まれる。
油断していて、反応が遅れた為に。
竿に手を伸ばそうとした頃には、魚はエサを離してしまった様であった。
ガチャン!!っという音と共に跳ね返った竿がグワングワンと揺れた。

二投目もなにやらアタリが出る。
こちらの釣りでは、30センチほどのトビウオとムロアジを用意して来た。
アタリが止まり、仕掛けを上げると。
素針である。
まったく、きれいにエサだけが無かった。
ワイヤーの曲がりや結び、キンクは無い。
そのサイズのエサをきれいさっぱり、素早くかすめ盗るヤツがいる。









日没を迎え、しばし、何のアタリも無くなってしまう。
何かの切り替わりの時間でもあるかの様に。
驚くほど、サッパリと反応が消えるのだ。
そして、しばらくして、強烈な舞い込みがやってくる。
今度は掛けた。
否、かろうじてと言えようか。
海底よりずいぶんと上げて来て、海面が近づくとヤツは強烈に抵抗した。
そこで、ふっと何もなくなってしまったのである。
バラシであった。


まだ、早合わせの癖が抜けていないのだろうか。
竿が刺さり、もう良いか、もう良いかと我慢しながら待って合わせたはずなのに。
それでも、簡単にバレて行くのである。
気を取り直し、エサを打ち返した。
三度目の正直、完全に竿は刺さり、ピトンは今にも飛んでしまいそう。
やっと、やっとの事で海面に浮かせる。

























20160525_202116




























姿を見てガックリであった。
今夜のエサ盗りはウツボではなかった。
この、サメ達であった。
せっかくだしと、KN氏がシャッターを切って下さった。
意外に嬉しそうなRockbeachである。



その後はもう、まさに沸いているという感じ。
クエ竿にもけっこう当たってくるし。
狙いの違う、ルアーロッドでの釣りの方にもよく掛かった。
そちらは、小イカの丸掛けである。
生エサならば何でも良いのか!?
闇夜の強いファイトは怖いのだけど。
何本と上げてはリリースを繰り返す内に。
それなりに慣れて、余裕も出てきたのであった。
他の魚は一切なし。





次の日は久々の磯に。
午後からルアーで下りたのだけど。
青物はいた様であったが。
反応させる事は出来なかった。






この日より、もうすぐ一年の今ではあるが。
もちろん、今も夜釣りが怖くて躊躇している。
行きたいんだけどなぁ。







それでは
























耐久Fishing

2016年 5月18日、19日の日記





今回は、久々となる、KN氏との釣りである。
この時、氏は、膝の痛みを抱えてみえた。
彼は、私と同じ、49年生まれ。
現在に至るまで、けっこう、冒険の数々に体を酷使してきている。
40を越えれば、やっぱり、それなりにガタが来るものなのだろう。
気持ちだけで向かう事もしばしばある。
それが楽しいから、まあ、仕方ないのかな。






とはいえ、友人の不調はとても心配ではある。
幸いにも、私は肥満であるとか、運動不足であるとかだけであった。
とりあえず、様子見にと。
比較的、負担の少ない、渡船を利用してみる事にした。
















1463922847931












ルアーと底物をやってみたい事を船頭にお伝えした。
上げて頂いたのは、以前にも、KN氏と渡った場所である。
お客さんが少ないので、ルアーは広範囲に投げてみる事が出来た。
薄暗い時間帯は、いかにもな雰囲気が漂っていたが。
日が昇ると厳しい感じへと・・・。
自身は腰を据えて、底物をやってみる事にする。



















小笠原イレブンによるフルキャスト。
30センチほどのムロアジを餌に投入した。
やっぱり、全然、飛んでいない。




結局、ここでは、終わりの時間を待たずして納竿する事になる。
使用したエサは約10本ほど。
それも、その殆どを撒き餌として。
しかし、クーラーボックスの中には、まだ、50本ほどの残りがあった。
そこで、これからどうするかを、KN氏と相談する。
「やっぱり、夜釣りがいいんでしょ!?」 と氏。
確かに、二人なら、おばけは怖くない。
そこで、マズメに青物を狙い。
日の暮れからは底物をと。
贅沢プランで行く事になった。



しかし、問題は荷物の多さである。
否、重さというべきだろうか。
バッカンは道具や食料、飲料水で満タンだ。
そして、発砲には冷凍ムロアジがざっと50本。
しゃがんで背負子を背負ったが、予想以上に重く立ち上がる事が出来ない(笑)
歯をくいしばり、やっと立ってはみたものの。
前かがみになっていないと、後ろ向きに倒れてしまいそうである。
マジか!!っと思いながら山道を下りて行く。
急な段差を越えて行く度に。
ドスン、ドスンと暴れる始末。
だんだんとズレてきて、腰骨を強く圧迫して来る様になった。
あまりに痛いので、岩の上に置いて振り返ってみる。
なんと、背負子のパイプがグニャリとひん曲がっているではないか。
それからが、もう、歩きにくい事歩きにくい事。
ふらつくし、落ちそうになるし、あわや、オスアンカーで串刺しになるところであった。
本当、良い勉強になった。





歩くのに必死で気づかなかったが。
いつの間にか、とても強い風が出て来た様であった。
所謂、釣り師が言うところの爆風である。
そんな中、いつもの場所には大勢のアングラーが竿を振ってみえた。
どこにも、入らせて頂くスペースは無い。
荷物を置いて、しばらく、周囲を見て回った。
幸いにも、足場の高い、少し入ったところが空いている。
釣りをしていた年配の方がこちらに気づき。
空いている内にそこへ入れと、盛んに指さして勧めて下さった。
他にも人は来そうではあったが、こうして、無事に釣座に立つ事が出来た。







必死になって荷物を運び終え、早々にルアーの準備をして行く。
爆風がキャストする前方、真正面から吹き付けている。
ザブザブと波が立ち、砕けた散った潮が舞い上がっていた。
立ち位置から海面までは、かなりの高さがある。
今日もやっぱり、自身のスペシャルが出番の様である。
この状況でも飛ばす事が出来て、瀬際までしっかりと引く事が出来るもの。
迷いなく、ルアーケースから取り出して結ぶ。


だいたい、KN氏と同時に釣りをスタートした。
何度かキャストして確かめながら。
自身は一点を集中して狙う様になる。
おそらく、魚だったら、ここで喰うのではないか?
分からないが、信じて粘ってみる。
ふいに、ガツンっと当たった。
強烈なバイトだったが、弾いてしまった様だ。
次の瞬間、下の方から群れをなして喰いあげて来た。
もう、凄い形相をしたメジロたちが、入れ替わり立ち代わりで襲ってくる。
よく見ると、奴らは軽く、口先でついばむ様にしてアタックしているのだ。
フックが邪魔をすると、頭を振って強引に振り払って消えて行く。
もう、こうなると、カァーっと頭は真っ白になって行く。
何をすれば、ガッツリと丸飲みするのだ!といわんばかりに。
左右の手を動かし続けた。
やっと、会心のヒットを得てランディング。
やっぱり、強引に抜き上げるしか能のない自身である。
足下はもうメジロだらけ。
冷静になれる訳がない。





















13263938_702201286586421_2239994018222379833_n
















バン!!っと乾いた音と共に。
顔の真横で何かが爆発した感じがした。
目から頬にかけ、痺れる様な感覚があり、次第に痛みへと変わって行く。
一瞬、何が起きたか分からなかったが。
前を向いて明らかとなった。
抜き上げの際、我を忘れてロッドを立てすぎていたのだろう。
KN氏の方を向くと、自身の片目の白い部が真っ赤に染まっているという。
あわやのところで免れた様だった。
手に入れてからずっと、一度も折った事がなかったこの竿。
不注意で本当に申し訳がない。







KN氏もメジロの群れに襲われていた。
より良くと、ローテーションした結果。
自身と同じルアーにたどり着いた模様である。
一段と太い魚を掛けた氏。
ギャフを持って、アシストに回ったのだけど。
ギリギリ魚まで届かないし、シャフトが大きく曲がって貫く事が出来ない。
氏は、ズリ上げようと試みたが、ふいに暴れてブレイクしてしまった。
誠に残念である。




















1463922899033





































何度かこの状態でも掛ける事は出来たのだけど。
ランディングしようとすると全てバレてしまった。
やがて、私たちの前から魚は姿を消し。
何もなかった海が帰ってくる。















1463922874142


































1463922876793
















二人で二本づつ、嬉しい釣果を得る事が叶った。
バイト、ヒットは数知れず。
至極、ショートバイト、甘噛みの連発であった。
魚は何か不自然に思っているのだろうか?
どうすれば、もっと、本気にさせれるのだろうかと。
しばらく、考える事になる。



















1463922893054
















魚を何度もきれいに洗う氏の姿。
頂いた命に感謝し、凍ったムロアジを抱かせて丁寧にクーラーへと寝かせた。








日が沈み、いよいよ、夜の釣りへと移行する。
KN氏はしばしの休憩の様だ。
慣れない闇の磯で、自身は必死になって釣りをした。
ただ、投げて、アタリを待つという事が。
とても、難しいのである。
道具はとても大きく、そして、重い。
糸も太い。
深い水深、速く強い潮。
投点が僅かにズレるだけで。
まったく落ち着かず、根掛かりしてしまう。
そして、餌盗りの猛攻。


氏が、いったん、車へと戻り。
スーパーにて、食料と少しのアルコールを買って来てくれた。
今夜はここで磯泊まり。
ささやかな食事と美しい夜空。
何とも言えない夜が更けて行った。




いつの間にか、疲れて寝ていた自身だったが。
KN氏の声で目を覚ました。
そういえば、食事後、氏も石鯛道具で彼の魚を狙っていたっけ。
眠気眼をこすって目を開けると・・・。
そこにあったのは。
エ、エイリアン


























1463922901152





































びっくりするっちゅうねん!!

寝ぼけて、私が何とかこうとか言っている間に。
ポチャンっと海へと帰してあげていた。



再び、釣りを再開する私。
氏は就寝タイム。
結局、朝までに、ほぼ50本全部の餌を使い果たす。
らしいアタリは皆無。
とりあえず、やりきった。





やがて、夜が明けて、自身はルアーへと。
KN氏はフカセで青物狙い。
二度、三度、バイトはあったが。
掛けるまでにはいたらなかった。
殆ど眠らず、過酷な過酷な耐久フィッシングであった。
楽しかった~






それでは










2016GW釣行

2016年 5月1日、2日、3日の日記








相も変わらず、毎週の様に釣りに行っているのだけども。
やっぱり、まとまった連休というのは、心躍るものである。
私の場合、それは長くても三連休なのだが。
僅かに、一日多いだけでも何か気分が違う。

今回もまた、GWにその連休を頂ける事になった。
本当は何もない平日に欲しいのだけど。
世間並に浮かれ気分で行ってみるのも悪くはない。
たまには、旅行気分でのんびりも良い。







初日

いつもより少し早く家を出たのだが。
やはり、真夜中でもけっこうな車が走っている。
少し仮眠できる余裕を見ていたが。
結局、小渋滞などでその時間は無くなった。
釣り人も多い事だしと、少し早めに磯に下りる事にする。


歩いて行くと、どんどんと波の音が大きくなっていった。
おそらく、風向きの関係で、駐車スペースからはあまり聞こえなかったのだろう。
ヤバイかも知れないなぁ。
ここは、磯が低く、少し荒れるだけでNGとなる。
大丈夫な方もいらっしゃるだろうが、波を被りながらの釣りは辛い。
更に進んで行くと波飛沫が舞いだした。
まるで、霧がごとく、ベットリと頬に粘りつく。
増々、これはアカンなと思って来る。


少し歩を進め、驚いて立ち止まってしまった。
なんと、真っ暗な磯に、一人女の子が座っているではないか!
釣りの恰好をしているし、ちゃんと足もあったから我慢できたけど。
白のワンピース姿とかだったら、気絶していたかもしれない。
ご挨拶をすると、少し後ろでもう一人の方が寝てみえるらしかった。
狙いは青物、スズキですとおっしゃられる。
しかし、そこから先端部を見てダメだと悟った。
暗い海が磯を飲み込んでいるのだ。
残念だが退却である。
やられるなら、十二分に気をつけて下さいとその場を後にした。




仕切り直しで向かったのは、最近、通っている場所。
今日も人はいなく、落ち着いて下りる事が出来た。
こちらは波はそうでもないのだけど。
西からの風が強烈である。
立っていると、時折、風でよろける程。
なるべく、風に強く、潮絡みの良いルアーでスタートする。
しかし、全然飛ばないし、水面をゆっくりと滑走するばかりだ。
ここは、足場もそれなりに高いし。
右方面からの強風が、ラインを大きく左上へと持ち上げてしまう。
必死でリールのハンドルを回すのだけど。
その、糸フケのスピードに追い付かないのである。
そして、風がラインを引っ張って、ルアーが滑走して戻って来るのだ。


最近、自身のルアーケースの中は。
「やりにくい時に何とか使える」 様なルアーが増えた。
無論、やりやすい時に頼りになるルアーも持ってはいるのだけど。
風だとか、波だとか、潮流だとか。
厳しい環境にうまく対応する事が出来ず、釣りにならない事がとても多い。
上手な方であれば、それでも、うまく操作してバイトを得られるのだろう。
しかし、私にはそんな技量は無い。
よって、「何とか使える」 そんなスペシャルをいくつかはケースに忍ばせている。
最高のパフォーマンスではなくとも、とりあえずは釣りになる。
それらを探すのには、とても時間がかかった。


話がそれてしまったが。
その後の展開に地団駄を踏むことになる。
結局、手持ちのルアーでうまくやれるものは一つ。
何とか必死で操作して、かろうじて、風が緩んだり、潮がうまく流れたり。
そんな時だけ、ギリギリ、ルアーは泳いでくれる。
そんなタイミングが来ると、黒いデカイのがどこからともなく追っかけて来て。
ルアーのお尻まで鼻先を寄せて迫る。
あと、一歩が泳ぎ切れないルアー。
それが無いから、魚は業を煮やして帰ってしまう。
何度かそんな光景が眼下に映し出された。
魚は本気なのに、どうしても釣り切れない。
悔しくて仕方がなかった。






磯から上がり、町中まで行ってゆっくりする。
食料を買うついでに、鮮魚売り場を覗いてみた。
幸運にも、良い鮮魚が並んでいて。
何パックか購入。
更に、エサ屋さんでも冷凍餌を手に入れる。
エサのストックは充分なものになった。
仮眠し、少しゴロゴロして、磯に下りてみる事に。
怖いけど、今日はちょっと夜釣りをしてみよう。
























1484148459921




























資金が無く、知識も無く。
当時、何とかカタチにした道具である。

中途半端な道具では危険。
諸先輩にありがたいご忠告を頂いたのだけど。
ともかく、まずは自身で体験してみないと。
無い頭で真剣に考え、仕掛けには弱いところをいくつか作った。
ピトンの限界も見てみたい。






とはいえ、右も左も分からない釣りである。

今日のエサは新鮮なトビウオ。
30センチくらいのサイズを、35号の針に刺した。
岩が邪魔をして、大きく振りかぶれないが。
渾身の力でフルキャスト!
しかし、5メートルも飛んでない(笑)
そして、ぶっといナイロンラインはぐしゃぐしゃに。
ほどいて、何とか底取りして。
一段、ちょっと上がった所にエサを置いてみる。

少し離れた所に石物師がお二人。
ここ、クエ釣れるんですか!?と話しかけてみえた。
素直に 「わかりません!」 と答える私。
頑張って下さいと笑顔でお応え頂いた。

また、先行してみえた若いルアーマンも話しかけてみえる。

「おじさん、最近、青物釣れてるっすか?」

おじさん・・・。

ルアーやってる時、おじさんと呼ばれた事はあったろうか!?
いや、きっと無い。
何気にショック。



そうこうしながら、ボケーっとしていると。
猛烈な勢いで、いきなり、剛竿が舞い込んだのである!!

あまりに突然だったので、身動きをとれなかった。
ズバーンっと突き刺さり、すぐにガクン!っと竿が戻ってしまった。
ちょっと遅れて、舞い込んだ!っと叫んでしまった。
ウツボではない、何かがこの下にはいる・・・。
もう、ドキドキである。


やがて、日が沈みだし、石物師たちは帰り支度。
夕暮れ時に、もう一回突っ込んだが乗らなかった。
暗くなって来て、青物師も帰って行った。
もうお一人、声をかけて下さった方がみえる。
紀宝町の方で、私の事を知って下さってみえるとの事だった。
ルアーの事や、この地のエサ釣りの事など。
色々と教えて下さった。
少し、離れたところでもうちょっと釣りをされるとの事。
オバケが怖い私には本当に心強かった。


その後、エサの交換の為、少し竿を煽った瞬間に何かがヒットする。
ゴンゴンと頭を振る様な様子であり、結構な重みで底から上がってくる。
水面近くまで来たと思い、姿を見ようとヘッドランプを点けた瞬間、
光に驚いた魚が猛烈に暴れた!
ふっと、軽くなりバラしてしまう。
エサは丸々残っており、針掛かりせずに、咥えただけで底から上がって来たのだろうか?
何にせよ、魚らしい魚だっただけに。
残念な気分になった。
粘ろうと思ったが、紀宝町の方が帰られると途端に怖くなって来た。
色々な意味で気味が悪い。
速攻、退却である。












二日目




朝から気合いを入れていつもの磯に。
昨日、あれだけ居たヤバイ奴らはどこかに消えてしまっていた。
やっぱり、ここはその時限りが多いな。
波気もあるし、潮もよく通しているのだけど・・・。
無いものは無い。
早々に諦めて、エサのポイントを探しに行ってみる。






















1484148525039

















海岸線をひた走りながら、比較的に楽そうな磯へ下りてみる。
実績もあるらしく、釣りの跡がそれらしい場所にはけっこうあった。
私の感覚からすると、相当に浅い場所である。
瀬際は前へ前へと張り出しているし。
シモリの数々が白っぽく見えている。
エサはかじられるが、何か小魚がつついた様な感じ。
ウツボの攻撃も殆ど無かった。
夜の九時過ぎまで粘ってみたが特に無し。
誰も来ないし、時期が違うのかもしれない。
疲れて、その後爆睡zzz












三日目





凝りもせず、通っている磯へまた下りてみる。
しかし、毎日、誰もいない。
GWなのになぁ・・・。
不思議。

今日もダメだろうと思っていると。
サラシの中から一発出た。
しかし、フックアップはしない。
青物じゃなかったのかも知れない。
何にせよ、ダメダメである。




早々に釣りを諦め、有名なエサのポイントを手ぶらで見に行ってみる事にした。
途中までは、ルアーで昔よく行ったのだけど。
そこからが、えらく遠かった。
歩きにくい岩がずっと続く。
上がったり、下がったり、ルートもよく分からない。
やっと、ポイントに到着するも。
足場がとても悪かった。
深そうに見えるが、濃い緑色の潮がまったりしている。
重い荷物を沢山背負って。
ここに来るのは大変だろうな・・・。
なんか、気がすすまない。
それが、率直な印象であった。






渋滞を考慮して、早めに帰路へとついた。
天気も良く、半分、旅行気分でたくさんの写真を撮ったのだけど。
SDカードが壊れて、全部消えてしまったのだった。
友人にLINEした画像だけが残ったので。
今回の日記に貼ってみました。
ま、楽しかったのでヨシです。


それでは




































新規沖磯

12月22日の日記









ルアーや青物に。
全然、身が入らないでいた。
おりしも、平政の 。
私の中に無い、新しい条件に触れてはいたのだが。
回遊を知って尚、まったく、力が入らなかったのである。






前回の高知以降、さらに、エサの釣りへの想いは加速した。
今、思えば。
もっと、ひとに聞いたりしたら良かったのかも知れない。
ネットで叩いて、それ、おいそれと。
知ることができる釣りではなかった。



まぁ、先行きはそう長くはない身だが。
もう少し、自身で彷徨うだけの時間はあるだろう。
出来れば、今までの磯の釣り同様に。
まずは、自分の力で開いて行きたいものである。





この日、渡礁をお願いしたのは。
いつも、左隣に見えている岩山であった。
おそらく、そう、深くはないのは予想できる。
毎年、デカバンがある。
地形や潮の当て加減、その他もろもろ、必ず、意味がある何かがあるのだろう。
こと、青物にしても。
今まで、幾度となく、届かないソコに悔しい思いをしてきたのだった。










しかしながら、荷物の制約もあって。
本気でやれる道具は置いてこざるを得なかった。
唯一ある、キャスティングタックルは。
LDタイプのベイトタックルが一つである。
私のセッティング能力では。
お気に入りのプラグを。
とてもではないが、まともに、飛ばす事が出来ない。


結局、強い風や、それによる潮流を前にして。
ちゃんと、出来ることは無かった。




後でお聞きした話だが。
いつもの磯においては。
大型のアイツらが、狂った様にエサを求めていたらしい。
何度も、磯でご一緒した、常連の石物師が言うのだから。
もう、間違いないとは思う。








磯あがりまで、エサの方は頑張ったつもりである。
50号の錘をもってしても。
穂先から、真横に糸が行く位に強烈であった。
20メートルから25メートルほど沖に。
気になるシモリが、うっすらと白く見えてはいるのだが。
そこまで、仕掛けを飛ばす事は出来なかったし。
届いてなお、潮流ですぐにシモリへと絡んでしまうだろう。
結局、足下のポイントを攻めるしかなかった。




強烈な潮ではあったが。
それでも、アタリが無かったわけではない。
元気なウツボが挨拶してくれたし。
驚くことに、35号のクエ針にメンドリがちゃんと口にフッキングしていた。
それ以外は特に何もなく。
13時に磯あがりとする。












不完全燃焼であった為。
あくる日が仕事であるにも関わらず。
帰りに夜釣りをする。





日没後、少しして。
穂先がゆっくり、すぅーっとお辞儀をして行った。
押さえ込み、すぐに元に戻る。
今まで、見たことがないアタリ方であった。
送り込んだり、少し待ってみたのだが。
それ以降、いっこうにアタリは無い。
もしかして、一気に素針にされたか!?
気になって、回収してみる事にした。


























20151216_185452 
















!!!!!

なんじゃ!?

この、スパッとした切り口。
























20151216_190036 





































20151216_190048















なんか、刃物で真っ二つに切ったかの様である。

よく分からないが、何となくくさい。

気になって仕方ない。









その後はガクン、ガクンのウツボ様のアタリ。

ココン、ココン、ギューンはこの方である。























20151216_205656 





































20151216_205726

















こいつがまた、良い引きをするんだな。







ある時間になると、まったくアタリは消えてしまった。
潮とか、時合いとか、自分には分からないけども。
エサ釣りもまた、とても、シビアである。

きっと、分かるまで。

ずっと、竿を出していないとね。







年末の三連休を利用して。
釣り納めを計画していたのですが。
たちの悪い、胃腸風邪にやられてしまい・・・。
この日が、釣り納めとなってしまいました。







それでは








 
  • ライブドアブログ