底物

2016GW釣行

2016年 5月1日、2日、3日の日記








相も変わらず、毎週の様に釣りに行っているのだけども。
やっぱり、まとまった連休というのは、心躍るものである。
私の場合、それは長くても三連休なのだが。
僅かに、一日多いだけでも何か気分が違う。

今回もまた、GWにその連休を頂ける事になった。
本当は何もない平日に欲しいのだけど。
世間並に浮かれ気分で行ってみるのも悪くはない。
たまには、旅行気分でのんびりも良い。







初日

いつもより少し早く家を出たのだが。
やはり、真夜中でもけっこうな車が走っている。
少し仮眠できる余裕を見ていたが。
結局、小渋滞などでその時間は無くなった。
釣り人も多い事だしと、少し早めに磯に下りる事にする。


歩いて行くと、どんどんと波の音が大きくなっていった。
おそらく、風向きの関係で、駐車スペースからはあまり聞こえなかったのだろう。
ヤバイかも知れないなぁ。
ここは、磯が低く、少し荒れるだけでNGとなる。
大丈夫な方もいらっしゃるだろうが、波を被りながらの釣りは辛い。
更に進んで行くと波飛沫が舞いだした。
まるで、霧がごとく、ベットリと頬に粘りつく。
増々、これはアカンなと思って来る。


少し歩を進め、驚いて立ち止まってしまった。
なんと、真っ暗な磯に、一人女の子が座っているではないか!
釣りの恰好をしているし、ちゃんと足もあったから我慢できたけど。
白のワンピース姿とかだったら、気絶していたかもしれない。
ご挨拶をすると、少し後ろでもう一人の方が寝てみえるらしかった。
狙いは青物、スズキですとおっしゃられる。
しかし、そこから先端部を見てダメだと悟った。
暗い海が磯を飲み込んでいるのだ。
残念だが退却である。
やられるなら、十二分に気をつけて下さいとその場を後にした。




仕切り直しで向かったのは、最近、通っている場所。
今日も人はいなく、落ち着いて下りる事が出来た。
こちらは波はそうでもないのだけど。
西からの風が強烈である。
立っていると、時折、風でよろける程。
なるべく、風に強く、潮絡みの良いルアーでスタートする。
しかし、全然飛ばないし、水面をゆっくりと滑走するばかりだ。
ここは、足場もそれなりに高いし。
右方面からの強風が、ラインを大きく左上へと持ち上げてしまう。
必死でリールのハンドルを回すのだけど。
その、糸フケのスピードに追い付かないのである。
そして、風がラインを引っ張って、ルアーが滑走して戻って来るのだ。


最近、自身のルアーケースの中は。
「やりにくい時に何とか使える」 様なルアーが増えた。
無論、やりやすい時に頼りになるルアーも持ってはいるのだけど。
風だとか、波だとか、潮流だとか。
厳しい環境にうまく対応する事が出来ず、釣りにならない事がとても多い。
上手な方であれば、それでも、うまく操作してバイトを得られるのだろう。
しかし、私にはそんな技量は無い。
よって、「何とか使える」 そんなスペシャルをいくつかはケースに忍ばせている。
最高のパフォーマンスではなくとも、とりあえずは釣りになる。
それらを探すのには、とても時間がかかった。


話がそれてしまったが。
その後の展開に地団駄を踏むことになる。
結局、手持ちのルアーでうまくやれるものは一つ。
何とか必死で操作して、かろうじて、風が緩んだり、潮がうまく流れたり。
そんな時だけ、ギリギリ、ルアーは泳いでくれる。
そんなタイミングが来ると、黒いデカイのがどこからともなく追っかけて来て。
ルアーのお尻まで鼻先を寄せて迫る。
あと、一歩が泳ぎ切れないルアー。
それが無いから、魚は業を煮やして帰ってしまう。
何度かそんな光景が眼下に映し出された。
魚は本気なのに、どうしても釣り切れない。
悔しくて仕方がなかった。






磯から上がり、町中まで行ってゆっくりする。
食料を買うついでに、鮮魚売り場を覗いてみた。
幸運にも、良い鮮魚が並んでいて。
何パックか購入。
更に、エサ屋さんでも冷凍餌を手に入れる。
エサのストックは充分なものになった。
仮眠し、少しゴロゴロして、磯に下りてみる事に。
怖いけど、今日はちょっと夜釣りをしてみよう。
























1484148459921




























資金が無く、知識も無く。
当時、何とかカタチにした道具である。

中途半端な道具では危険。
諸先輩にありがたいご忠告を頂いたのだけど。
ともかく、まずは自身で体験してみないと。
無い頭で真剣に考え、仕掛けには弱いところをいくつか作った。
ピトンの限界も見てみたい。






とはいえ、右も左も分からない釣りである。

今日のエサは新鮮なトビウオ。
30センチくらいのサイズを、35号の針に刺した。
岩が邪魔をして、大きく振りかぶれないが。
渾身の力でフルキャスト!
しかし、5メートルも飛んでない(笑)
そして、ぶっといナイロンラインはぐしゃぐしゃに。
ほどいて、何とか底取りして。
一段、ちょっと上がった所にエサを置いてみる。

少し離れた所に石物師がお二人。
ここ、クエ釣れるんですか!?と話しかけてみえた。
素直に 「わかりません!」 と答える私。
頑張って下さいと笑顔でお応え頂いた。

また、先行してみえた若いルアーマンも話しかけてみえる。

「おじさん、最近、青物釣れてるっすか?」

おじさん・・・。

ルアーやってる時、おじさんと呼ばれた事はあったろうか!?
いや、きっと無い。
何気にショック。



そうこうしながら、ボケーっとしていると。
猛烈な勢いで、いきなり、剛竿が舞い込んだのである!!

あまりに突然だったので、身動きをとれなかった。
ズバーンっと突き刺さり、すぐにガクン!っと竿が戻ってしまった。
ちょっと遅れて、舞い込んだ!っと叫んでしまった。
ウツボではない、何かがこの下にはいる・・・。
もう、ドキドキである。


やがて、日が沈みだし、石物師たちは帰り支度。
夕暮れ時に、もう一回突っ込んだが乗らなかった。
暗くなって来て、青物師も帰って行った。
もうお一人、声をかけて下さった方がみえる。
紀宝町の方で、私の事を知って下さってみえるとの事だった。
ルアーの事や、この地のエサ釣りの事など。
色々と教えて下さった。
少し、離れたところでもうちょっと釣りをされるとの事。
オバケが怖い私には本当に心強かった。


その後、エサの交換の為、少し竿を煽った瞬間に何かがヒットする。
ゴンゴンと頭を振る様な様子であり、結構な重みで底から上がってくる。
水面近くまで来たと思い、姿を見ようとヘッドランプを点けた瞬間、
光に驚いた魚が猛烈に暴れた!
ふっと、軽くなりバラしてしまう。
エサは丸々残っており、針掛かりせずに、咥えただけで底から上がって来たのだろうか?
何にせよ、魚らしい魚だっただけに。
残念な気分になった。
粘ろうと思ったが、紀宝町の方が帰られると途端に怖くなって来た。
色々な意味で気味が悪い。
速攻、退却である。












二日目




朝から気合いを入れていつもの磯に。
昨日、あれだけ居たヤバイ奴らはどこかに消えてしまっていた。
やっぱり、ここはその時限りが多いな。
波気もあるし、潮もよく通しているのだけど・・・。
無いものは無い。
早々に諦めて、エサのポイントを探しに行ってみる。






















1484148525039

















海岸線をひた走りながら、比較的に楽そうな磯へ下りてみる。
実績もあるらしく、釣りの跡がそれらしい場所にはけっこうあった。
私の感覚からすると、相当に浅い場所である。
瀬際は前へ前へと張り出しているし。
シモリの数々が白っぽく見えている。
エサはかじられるが、何か小魚がつついた様な感じ。
ウツボの攻撃も殆ど無かった。
夜の九時過ぎまで粘ってみたが特に無し。
誰も来ないし、時期が違うのかもしれない。
疲れて、その後爆睡zzz












三日目





凝りもせず、通っている磯へまた下りてみる。
しかし、毎日、誰もいない。
GWなのになぁ・・・。
不思議。

今日もダメだろうと思っていると。
サラシの中から一発出た。
しかし、フックアップはしない。
青物じゃなかったのかも知れない。
何にせよ、ダメダメである。




早々に釣りを諦め、有名なエサのポイントを手ぶらで見に行ってみる事にした。
途中までは、ルアーで昔よく行ったのだけど。
そこからが、えらく遠かった。
歩きにくい岩がずっと続く。
上がったり、下がったり、ルートもよく分からない。
やっと、ポイントに到着するも。
足場がとても悪かった。
深そうに見えるが、濃い緑色の潮がまったりしている。
重い荷物を沢山背負って。
ここに来るのは大変だろうな・・・。
なんか、気がすすまない。
それが、率直な印象であった。






渋滞を考慮して、早めに帰路へとついた。
天気も良く、半分、旅行気分でたくさんの写真を撮ったのだけど。
SDカードが壊れて、全部消えてしまったのだった。
友人にLINEした画像だけが残ったので。
今回の日記に貼ってみました。
ま、楽しかったのでヨシです。


それでは




































新規沖磯

12月22日の日記









ルアーや青物に。
全然、身が入らないでいた。
おりしも、平政の 。
私の中に無い、新しい条件に触れてはいたのだが。
回遊を知って尚、まったく、力が入らなかったのである。






前回の高知以降、さらに、エサの釣りへの想いは加速した。
今、思えば。
もっと、ひとに聞いたりしたら良かったのかも知れない。
ネットで叩いて、それ、おいそれと。
知ることができる釣りではなかった。



まぁ、先行きはそう長くはない身だが。
もう少し、自身で彷徨うだけの時間はあるだろう。
出来れば、今までの磯の釣り同様に。
まずは、自分の力で開いて行きたいものである。





この日、渡礁をお願いしたのは。
いつも、左隣に見えている岩山であった。
おそらく、そう、深くはないのは予想できる。
毎年、デカバンがある。
地形や潮の当て加減、その他もろもろ、必ず、意味がある何かがあるのだろう。
こと、青物にしても。
今まで、幾度となく、届かないソコに悔しい思いをしてきたのだった。










しかしながら、荷物の制約もあって。
本気でやれる道具は置いてこざるを得なかった。
唯一ある、キャスティングタックルは。
LDタイプのベイトタックルが一つである。
私のセッティング能力では。
お気に入りのプラグを。
とてもではないが、まともに、飛ばす事が出来ない。


結局、強い風や、それによる潮流を前にして。
ちゃんと、出来ることは無かった。




後でお聞きした話だが。
いつもの磯においては。
大型のアイツらが、狂った様にエサを求めていたらしい。
何度も、磯でご一緒した、常連の石物師が言うのだから。
もう、間違いないとは思う。








磯あがりまで、エサの方は頑張ったつもりである。
50号の錘をもってしても。
穂先から、真横に糸が行く位に強烈であった。
20メートルから25メートルほど沖に。
気になるシモリが、うっすらと白く見えてはいるのだが。
そこまで、仕掛けを飛ばす事は出来なかったし。
届いてなお、潮流ですぐにシモリへと絡んでしまうだろう。
結局、足下のポイントを攻めるしかなかった。




強烈な潮ではあったが。
それでも、アタリが無かったわけではない。
元気なウツボが挨拶してくれたし。
驚くことに、35号のクエ針にメンドリがちゃんと口にフッキングしていた。
それ以外は特に何もなく。
13時に磯あがりとする。












不完全燃焼であった為。
あくる日が仕事であるにも関わらず。
帰りに夜釣りをする。





日没後、少しして。
穂先がゆっくり、すぅーっとお辞儀をして行った。
押さえ込み、すぐに元に戻る。
今まで、見たことがないアタリ方であった。
送り込んだり、少し待ってみたのだが。
それ以降、いっこうにアタリは無い。
もしかして、一気に素針にされたか!?
気になって、回収してみる事にした。


























20151216_185452 
















!!!!!

なんじゃ!?

この、スパッとした切り口。
























20151216_190036 





































20151216_190048















なんか、刃物で真っ二つに切ったかの様である。

よく分からないが、何となくくさい。

気になって仕方ない。









その後はガクン、ガクンのウツボ様のアタリ。

ココン、ココン、ギューンはこの方である。























20151216_205656 





































20151216_205726

















こいつがまた、良い引きをするんだな。







ある時間になると、まったくアタリは消えてしまった。
潮とか、時合いとか、自分には分からないけども。
エサ釣りもまた、とても、シビアである。

きっと、分かるまで。

ずっと、竿を出していないとね。







年末の三連休を利用して。
釣り納めを計画していたのですが。
たちの悪い、胃腸風邪にやられてしまい・・・。
この日が、釣り納めとなってしまいました。







それでは








 
  • ライブドアブログ